Chicago2015 part1, 立ち寄りシカゴ☆ クラウドゲート等

e0231876_948575.jpg


随分久しぶりの投稿になってしまいました。フィンランド旅行記もまだ終わっていませんが、とりあえずヤル気のある(そして記憶の鮮明な)うちに、この夏の旅行記から書こうと思います。


ブログを放置していた間、夫がメキシコのモンテレイという都市に駐在になりました。

私も仕事の夏休みを利用してメキシコまで飛んだのですが、モンテレイという都市はあいにく直行便がないため、大抵はアメリカのダラスやヒューストンなどの都市で乗り継ぎになります。 どうせアメリカで乗り継ぐのなら観光もできる都市がいいと、今回はあえて航空券をバラバラで買い、シカゴに寄ってみることにしました。

e0231876_9481213.jpg


シカゴを選んだ理由は、夫が出張でシカゴに行った際に珍しく現地から写真を送ってきて「ここは君が絶対好きなタイプの都市だよ。インテリアショップもいっぱいあるよ」と言ったから。

なぜか私はインテリアショップは一軒も見かけなかったのですが。





e0231876_0251970.png



<今回の旅行にはデジイチは持っていかなかったため、すべてiPhone6 plusでの撮影です>


私は普段韓国に住んでいますが、一旦実家のある東京に飛んで数日間滞在し、成田から出発しました。

アメリカはかれこれ10年以上ぶり。 正直アメリカには興味が無いため、こんなついででも無ければ旅行もしないだろうなという国。 久しぶりのアメリカにワクワクする気持ちもある一方、やはりアメリカで一人旅は少し不安というか… 微妙な気持ちを抱きつつの出発となりました。


空港から市街地へは電車に乗ります。 何だか地下通路は全然人が歩いてなくて不安になったのですが、さすがに切符売場付近に着いたら旅行客がいっぱいいました。 いったい皆さん、どこから出てきたのでしょう??

e0231876_9482886.jpg


シカゴの中心への切符は5ドル。 切符売場というのはスリとか 旅行者を騙してサッとお金を持ち去ろうとする輩がたむろしていたりするため、あらかじめ金額を調べてポケットに5ドル紙幣を入れて準備しておきました。結構心配性な私です。

e0231876_9483556.jpg


途中で危ない雰囲気の人が乗ってきたら嫌だな…と思ったのですが、特にそういうこともなくシカゴの中心、Clark Lakeに到着。

この駅は、シカゴ中心部をぐるりと鉄道が囲む「ループエリア」の中心だそう。

私の泊まったホテル、Allegro Chicago A Kimpton Hotel(アレグロシカゴアキンプトンホテル)はClark Lakeの隣のWashington Wellsが最寄りとHPにはあったのですが、スーツケースを持って電車を乗り換えるのも大変だし、地図を見たらなんとなく歩けそうだったのでそのままClark Lake駅を出てみることにしました。

駅の改札を出てすぐ扉からつながっていた立派な建物。 オフィスビルっぽくて妙に安心感がありました。なんというか、トイレでも地下鉄でも建物でも 海外で小奇麗だとホッとしますね。
(日曜日は建物がクローズされてしまうため、この中を通り抜けることはできないようです)

e0231876_9484154.jpg


あまり予習せずに来てしまったシカゴだけど、建築物は立派だというのだけは知っていた私。 まさにこのビルは「うわ~シカゴに来たんだなぁ」と圧倒されるには十分な迫力でした。

この建物、今ガイドブックで調べたら、ジェームス・R・トンプソンセンターという名前だそうです。

e0231876_9484694.jpg


どのドアから出たらいいかわからないままホールを突っ切ったところにあるドアから外に出てみたところ、印象的なモニュメントを発見。 これ、ガイドブックにも載っていたデュビュッフェ作「起立した野獣のモニュメント」です。

e0231876_948518.jpg


私は見つけられなかったのですが、シカゴにはこういった公共の場に置かれたアートも多く、ピカソやシャガールの作品もあるそうです。余裕のある方はぜひ。


方向音痴の私ですが、見知らぬ土地で迷子になってスリなどに遭ってもいけないので、必死に地図をにらめっこ。。

奇跡的にホテルの近くの市庁舎ビルが見つかり、そのすぐ前にホテルの入った建物を発見することができました。 後で知ったのですが、パレスシアターという劇場がホテルと同じ建物内に入っています。(物凄くラッキー!)


結局Clark Lakeの駅からホテルまで5分程度で到着。 わざわざ電車を乗り換えたりしなくて本当に良かった。 空港から一本で来られるのは本当に便利ですね。

e0231876_9485823.jpg


ホテルの入り口は小さ目。劇場に気を取られていると素通りしてしまいそうな小ささです。

入り口を入ると突然壁になっており、左手の奥がエレベーターになっていたので、とりあえず「L」のボタンを押してロビーフロア(2階)へ向かいました。 ロビーフロアは急に広々としていてゴージャス、かなり人でごった返していました。

e0231876_949521.jpg


チェックインをしてくれたホテルマンさん、蝶ネクタイと笑顔が可愛かったです。

シカゴのホテルはなぜか朝食は含まれていないことが多いようで、このホテルも朝食は無しでした。ロビーフロアの端にあるバーで朝の時間帯に紅茶のサービスがあると言われたのですが、個人的にはわざわざ紅茶だけ飲みに来たい雰囲気ではなかったです。


ちなみにこのホテルは欧米人率99%という感じで、結局私が滞在した2日間とも日本人はおろかアジア系の人は一人も見ませんでした。 シカゴ自体、ビジネスタウンという感じで観光都市ではないし、日本人にはあまり人気が無いのかな… 少し寂しかったです。

e0231876_9491017.jpg


お部屋はこんな感じ、やたら寝る位置が高いキングベッドがどーんと置かれていました。背が低い人だとちょっとよじ登る感じかも?

ちなみにここはシングルルームは無く、一人でも二人でも同じ金額のお部屋しかありませんでした。 シカゴはホテル代がどこも本当に高いですね。 この部屋でも1泊あたり2万円近くしてますから…

(でも経験上、ホテルをケチるとロクなことが無いので、特に一人旅ではホテルは安全な地域のそこそこのレベルのところを予約することにしているのです)

e0231876_9491859.jpg


バスルームはサイズもクオリティも普通な感じ。 バスタブは狭いけれど付いてました。 バスローブがなぜか野性的な柄です。

e0231876_9492582.jpg


部屋には電気ケトルがついてなかったので、部屋から電話して持ってきてもらいました。電話機のボタンが複雑且つ音声ガイダンスも分かりにくかったので 適当に押して頼んだけど大丈夫でした。

(よくホテルの口コミサイトで「電気ポットがついてなかった!」とクレームが書いてあることがあるのですが、どのホテルでもフロントに電話して持ってきてもらえばいいだけです)

このホテルは妙に大判ふるまいで、電気ケトルと一緒にカップ&ソーサーとお茶のティーバッグ&お砂糖がたんまり盛られた籠を一緒に持ってきてくれました。



ホテルに到着したのは夕方だったのですが、フライトの疲れや時差もあり、この日はそのまま寝ることに。短期滞在なのに少しもったいないですが、なんかシカゴって怖かったんですよね… つくづく私はアメリカ向きの体質じゃないと改めて感じた気がします。


ちょっと口に入れるものがほしくなったため、水のペットボトルと何か食べ物を調達しようと外に出たら、ホテルと同じビルに入っている劇場の明かりが目に入りました。 あ、キンキーブーツ!

e0231876_9493184.jpg


キンキーブーツは見てみたい作品のひとつだったのですが、ちょうど運良く全米凱旋ツアーでシカゴに来てくれてる時に当たったみたいです。

e0231876_9494145.jpg


翌日チケットを買おうと決めて、とりあえず「起立した野獣のモニュメント」の隣にあったスーパー(ホテルからは徒歩2分)へ向かったのですが、残念ながら既にクローズド。 夜9時には大体のお店が閉まってしまうようで、夜中まであちこち開いてる韓国から来た私にはちょっとカルチャーショックでした。 それが人間らしい働き方だといえばその通りなんですけれど…

とぼとぼと部屋に戻り、念のためにスーツケースに入れておいたお菓子と水で一晩しのぎました。 ちょっと荷物が増えたとしても、非常事態の時のために多少の食べ物は鞄に入れておくべきだと今回改めて学びました。



e0231876_0251970.png



そして翌朝。

ホテルと同じ建物の1階に入っているスタバへ行き、朝食を取ることに。 スタバで朝食…なんかアメリカっぽ~い、なんて思いながら…

e0231876_9494768.jpg


ホテルの部屋はパスワードを入れたら無料でWi-fiにつなげたのですが、さすがにスタバまではホテルのWi-fiは飛んできませんでした。劇場内にはしっかり飛んできたのですが。

(書き忘れましたが、どうやら一応のルールとしては「事前のメンバーシップ登録でホテルはWi-fi無料」ということになってるらしいのですが、私がチェックインの際にWi-fiの使い方を聞いたところ、すぐ接続するための案内の書かれたカードをもらえました。)


前日にホテルの部屋でシカゴにミュージカルのハーフプライスチケットブースが無いか調べたところ何軒かあるということだったので、朝食後はチケットオフィスを探す旅に出ることにしました。もちろん劇場の窓口に行けばすぐチケットは買えたでしょうけど、どうせ当日券を買うなら半額がいいですものね♪ (よく見たらガイドブック『タビトモ シカゴ』にも小さくですが情報載ってました)

e0231876_9495472.jpg


もしかしてここ?と喜んだのですが、ここじゃなかった…

大きなシカゴ劇場の近くのはずなのに、何周ぐるぐる回っても見つからず、自分の方向音痴さにつくづく嫌気が差しました。

e0231876_950024.jpg


セブンイレブンがあったので、これも観光と入ってみることに。 海外でコンビニなどに入ると、日本のコンビニのビシーっと整列された様子がイレギュラーなのだとつくづく実感しますね…

コーラとガムだけ買って退出。特別面白いものは無かったかな。

e0231876_950749.jpg


ループエリア内の駅はどこもこんな感じでびっくりしました。 なんかとっても古めかしい感じです。 周囲の高層ビルがあまりに立派なだけに、それとのギャップが半端ありません。

e0231876_9501268.jpg


駅に続く階段。妙にレトロです。

多分、自分の精神状態がリラックスしていたら「わぁ、味があるなぁ」と楽しめると思うのですが、何せ私はシカゴは初めて&アメリカには基本的に苦手意識がある&そのうえ女性一人旅なため、「なんか怖い雰囲気… 夜は近づきたくない…」とびくびくしてしまいました。なんと残念な旅行者なのでしょう…

e0231876_9502022.jpg


でも下の写真の景色はさすがに「うわ~、シカゴって面白い街だな」と感嘆してしまいました。

e0231876_9502920.jpg


うろうろしているうちに、どうにかハーフプライスチケットオフィスを発見。 「Hot Tix」という名前ですが、シカゴ中心部には2か所あるようです。 ロンドンのブースみたいに分かりやすいのを想像していたら普通のビルの一角に地味にあり、何度も素通りしてしまっていました。

(後で気付いたのですが、大きなZARAが入ってるビルの1階にもHot Tixのカウンターがありました)

e0231876_9503568.jpg


ロンドンやニューヨークのようにあちこちで公演が行われているわけではなさそうで、この日出ていたハーフプライスのチケットも種類はごくわずかでした。

でも、私が狙っていたキンキーブーツはちゃんとチケットが出てたのでノープロブレム。

定価100ドルちょっとするチケットを半額の50ドルちょっと(プラス手数料数ドル)で買うことができて大満足! 何よりキンキーブーツの劇場はホテルと同じ建物内なので、夜の公演でも心配ないのが一番ホッとしました。

e0231876_9504077.jpg


急に楽しい気分になってきたので、シカゴのランドマークであるクラウドゲートに歩いて行ってみることに。

地図を見るとホテルから電車で数駅かかる雰囲気だったけれど、ループエリア内なら全然余裕で歩けちゃいます。ホテルからダイレクトに行ったとしたら15分ぐらいでしょうか。 大通りを歩けばいいので、地図さえあれば迷うこともありません。


クラウドゲートのある広場、ミレニアムパークに到着。 うわ~、夫がシカゴから興奮して送ってきた景色と同じだ~と感激。

e0231876_9504719.jpg


クラウドゲートは「ビーン」の愛称でも親しまれているのだとか。 確かに豆っぽいかも。

e0231876_9505496.jpg


ビーンの中を通ることもできます。 皆さんが一生懸命にビーンに映った自分を撮影していたので、普段セルフィーなど絶対にしない私も「ここはノッておかねば」といろんな角度から撮影しました。

e0231876_951119.jpg


ビーンの奥にはシカゴの摩天楼が。

残念ながら私は夜には来られなかったのですが、夜来たら相当キレイだろうなと思います。 この周辺であれば夜歩いていても危険じゃなさそうですし。(夫曰く、全然問題なかったとのこと)

e0231876_951723.jpg


韓国ではあまり見なくなったセルカ棒も、観光地ではまだ需要があるみたいです。

e0231876_9511331.jpg


夜見たらちょっとギョッとしてしまいそうなモニュメント、クラウンファウンテン。 映し出された顔は表情がどんどん変わります。 ガイドブックを見たら、口の部分から水が噴き出すこともあるみたいです。

e0231876_9511936.jpg



長くなってしまったので、一旦ここで切りますね。

つい記事が長くなりがちですが、私も旅行のたびに皆さんの旅行記にはお世話になっているので、自分もできるだけ詳しく書けたらと思います。


ちなみに、私が10年間アメリカを訪れていなかった間に、アメリカ入国の際はESTAというビザが事前に要申請になっていました。 入国時の手続きも結構変わっていて、海外旅行に不慣れな人や英語がダメという人には少しハードルが高いと感じました。

その辺についてはリアルタイムでツイッターに呟きましたが、Togetterでシカゴで呟いたものをまとめましたので気になる方はご覧になってみてください。 他愛ない写真も含め、色々つぶやいてます。→togetterまとめ「シカゴ2015夏」

それから、ツイッターのアカウントを新しくして鍵無しにしました。興味がある方はこちらもフォローよろしくお願いします~。→こちら (@yossywld)

ついでに、ずっと放置気味だったinstagramも再開しました。アカウントは @yossy_wld です。



では、シカゴ旅行記part2に続きます。



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2015-07-28 00:00 | USA


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me