Vietnam 2014 part7, 美しいフレンチコロニアルの建物が必見の美術博物館

e0231876_17355268.jpg


旅行3日目の朝。 朝食の後、ホテルからタクシーに乗って美術博物館に向かいました。

頑張ればホテルから歩けそうな距離でもありましたが、前日にあまりにたくさん歩いたため、この日は極力タクシー利用で体力温存することに。^^; ちなみにタクシー代は3万3千ドン(160円)でした。 道で拾うのはちょっと不安ですが、ホテルから乗ると安心ですしね。

e0231876_17355948.jpg


美術博物館は、ガイドブックなどにも ごく小さくしか載っていないのですが、何人かの方のブログで写真を拝見したら建物が素晴らしかったので行ってみることにしたんです。 期待通りの美しい建物でしたよ♪



.

ところで、コロニアル様式とは何か…という説明を少しだけ書いておきますね。 (必要なのは私だけ?042.gif

コロニアル様式とは、17~18世紀のイギリス・スペイン・オランダの植民地に見られる建築様式で、建物は正面にポーチがつき、大きな窓やベランダがあるのが特徴だそうです。 (「コロニアル」は「植民地の」という意味。) フレンチ・コロニアルというと早い話が、フランスの植民地で見られるフレンチスタイルも取り入れたコロニアル様式…ということでしょうか。


この美術博物館の建物は、フランス植民地時代の1925年にフランス人建築家リベラによって建てられたもので、最初は大金持ちの華僑の邸宅として使われていたそう。 それが貿易センターとなり、1987年にはホーチミン人民委員会によって美術館として生まれ変わったという歴史があります。

e0231876_17361998.jpg


南国にはパァッと鮮やかな色の花がよく似合いますね。

e0231876_17362749.jpg


入場料1万ドン(50円)を建物の外にあるチケットオフィスで支払い入場します。 海外は美術館や博物館が無料だったりとても安く入れるのが素晴らしいといつも思います。 日本も、せめて国立はもっと安くなればいいのに、と思うのですが…

e0231876_17363456.jpg


美術館にある作品のほとんどは 「ベトナム戦争」 と 「ベトナムに古くから伝わる文化や生活様式」 を題材にしたものでした。 現代のベトナム人画家の方々の作品も数多く展示されていて興味深いのではありますが、正直、一般受けするタイプの美術館では無いかな…


私達も作品自体ではなく建物に興味があって来ただけに、まずは こういったステンドグラスなどに心を奪われて…

e0231876_17364193.jpg


階段の途中で、しばしボーッと見とれてしまいました。

e0231876_17364742.jpg


らせん階段も美しい…。

e0231876_17365417.jpg


うっかり気が付かなかったのですが、、館内にある木製エレベーターは貴重なアンティークものだそう。 現役で動いているエレベーターとしては、ホーチミンに残る最古のものなのだとか。

e0231876_1737117.jpg


建物のところどころにあるバルコニーから外を眺めてみたり。

e0231876_1737875.jpg


こういうタイルも物凄く貴重なアンティークなんだろうな…。 フランスから持ち運んだものなのかな?と思ったのですが、他のサイトを調べたところ、どうやらベトナム産のタイルだそうです。

e0231876_17371422.jpg


コンクリートむき出しの建物も、優美なアイアンワークが施されているだけで 急に美しくなりますね。

e0231876_17372116.jpg


本当に良い天気。 気温も30度近かったはずですが、日本の夏のように蒸し蒸しとはしていなかったので助かりました。 日中は汗をかいても、夜になると暑さも和らぐので思った以上に過ごしやすかったです。 (恐れていた蚊も全く居なかったのが良かった!)

e0231876_17372738.jpg


渡り廊下を渡って隣の建物へ。

ベトナム兵士と家族の像に、改めて戦争の悲惨さを考えさせられ…

e0231876_17373496.jpg


窓の隙間から見える街の景色は、こんな風にとってもローカル。 日本人の私達は 「異国情緒だな」 なんて暢気に思ってしまいますが、この中には大変な思いで日々の暮らしを送っている人達もいるのでしょうか…

e0231876_1737418.jpg


不思議だったのは、街で見るベトナムの人達は物質的には決して豊かそうな人ばかりではなかったのに、顔は揃ってひたむきさや明るさで満ち溢れていた事。 苦労も当然あるのでしょうが、疲れた様子や投げやりな感じが無く、前を向いて明るく生きている、そんな強いパワーを感じました。


ベトナムの画家による作品いろいろ。

e0231876_17374942.jpg


e0231876_1737576.jpg


本館の3階には仏像などのコーナーがありました。 私達はほぼ素通りしてしまったのだけど…

e0231876_1738978.jpg


そういえば、1階の受付近くにはガラスケースに入った小さな半跏思惟像もありました。 飾られ方を見る限り、日本や韓国にある半跏思惟像ほどの価値のあるものではなさそうでしたが、「あ、やっぱりベトナムにもあるんだな」 と嬉しくなりました♪ ^^



こんな感じでサクッと見て終わりましたが、美しいコロニアル建築の建物が見られて幸せな気持ちになりました。 人もほとんど居なかったので、貸し切り状態で静かに周れるのも◎。 ベンダイン市場散策からもすぐ近くなので、セットで行くのが無駄が無くて良さそうです。

そうそう、美術館の敷地内にもカフェが一応あるのですが、ごく小さいチェーンカフェのようなものだったので、お茶するならここではなく市場の少し先にある別のオシャレカフェの方がオススメです。


そのカフェについては、次回UPしま~す。 063.gif



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2014-03-03 00:00 | Vietnam


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me