Vietnam 2014 part5, コロニアル建築の美しいハイダウェイカフェ & オシャレなスタバ

e0231876_21371580.jpg


アン・ヴィエンで早めのランチをした後は、徒歩で7、8分の距離にあるハイダウェイ(hideaway cafe)に移動します。 詳しい場所などは、ベトナムナビさんのこちらをご覧ください。

e0231876_21372445.jpg


ここはコロニアル建築の一軒屋カフェで、雑誌などでも取り上げられることが多い、ホーチミンを代表する素敵カフェのひとつなのだそうです♪





e0231876_0251970.png



バイクの多いベトナムらしい標識を横目に見ながら、恐る恐る道路を横断します。

ホーチミンを訪れたことがある方は ガイドさんなどに最初に注意されると思いますが、「道路を走って渡ってはいけない」 が鉄則。 基本的に信号は無いので、バイクや車の隙間を そろりそろりと牛歩で(?)かいくぐらなければなりません。 走ってしまうと運転手さん達がスピードのコントロールが難しくなるのだそう。

e0231876_21374936.jpg


話題が前後してしまいますが、ここはアン・ヴィエンに行く前に通ったパスター通り沿いにあった籠屋さん。 私もひとつは籠が欲しいと思っていたのですが、求めていたものとはちょっと違いました。 (置いてあるものが全てローカルクオリティ過ぎました、、)

e0231876_21375785.jpg


電線の工事中。 本数と絡み方が凄い… ^^;

e0231876_2138380.jpg


ファムンゴックタック通りを進みながら右手に注意していると、「H」と書かれた看板が見えてきます。 小路に入るとカフェが見えてくるのですが、ちょっと分かり難いので 「H」マークを見落とさないよう気を付けてくださいね~

e0231876_21381881.jpg


このお店は、フレンチヴィラを改装して作ったものだそう。 ホーチミンは、アジアな街並みにフレンチテイストが上手くミックスされていて惹かれます。016.gif

e0231876_21382611.jpg


1階と2階がありましたが、この日はどうやら2階席が全て予約になっていた模様。 きっと2階の方が見晴らしもよくて素敵だっただろうと思うのですが、1階も落ち着いていて良かったです。 私達の他は、欧米人の女性2人組のみでした。

e0231876_2138334.jpg


ここでやっとベトナムコーヒーを注文! 友達曰く、ものすご~く甘くて普段はとても飲めない感じらしいのですが、南国で飲むとこれがまたとっても美味しく感じるのだとか。

カンボジア在住歴のある友達曰く、カンボジアにも似たような飲み物があって、彼女も現地では大量に飲んでいたそうです。 普段ブラック派の彼女からは想像がつきませんが、その国その国で気候に合った食べ物や飲み物があるということですね。

e0231876_21384011.jpg


暑かったので友達はアイスを注文。 私は氷の恐怖から(?) 一応ホットを注文してみました。 各45000ドン、225円ぐらい? 本当に物価が安いのだな…と感じます。 (現地採用で働くのは給与面諸々大変そうだけど、日本から派遣で送られてきて数年だけ働くならホーチミンは楽しそうだ…などと友達と話したり。。)


コーヒーをひとくち飲んで劇甘だったので、デザートを頼んでしまったのを少々後悔しました。 こちらはプディング6万ドン (300円)。 想像していたプディングとは全く異なるものが出てきましたが、美味しかったです。 かなり甘かったですが!

e0231876_21384789.jpg


こちらはバナナのフランベ、7万ドン (350円)。 バナナに洋酒を振って火をつけ、とろけるような食感にしたもの。 添えられたアイスクリームと一緒に食べると絶品です。 プディングとバナナは2人で半分ずつに。

e0231876_21385429.jpg


本当に素敵なカフェで大満足でした。 ここだけのために足を延ばすのは少々勿体無い気もするので、やはり前回の記事で書いたレストラン、アン・ヴィエンとセットで行くといいかも。


ハイダウェイカフェの近くの道は割と凸凹していて歩き難かったので、場合によっては最初からタクシー利用で行ってしまうのもテかもしれませんね。

ハイダウェイカフェのホームページも見つけました。 →こちら



e0231876_0251970.png



甘~いベトナムコーヒーとデザートで友達が 「頭が痛くなってきた…」 というので、雑貨店が多く有るパスター通りに戻りつつ甘くないコーヒーを飲もうということに。

三角の帽子、いいなぁ。

e0231876_2139146.jpg


昔カンボジアを旅行した時、ガイドさんに 「ベトナムを経由していらしたお客様は、ベトナムの帽子をカンボジアでは被らないようにしてくださいね。 こちらの人が嫌がりますので」 と注意されたのが今でも強く印象に残っています。 どこでも近い国というのは問題もあるんだな…と。


私達は入らなかったのですが、ハイランズコーヒーというチェーン店も数多く見かけました。 ベトナムコーヒーも飲めるそうですが、あの印象的なフィルターのままサーブはしてもらえないようです。

e0231876_2139763.jpg


illyのカフェも発見。 想像以上にホーチミンの人たちはカフェが大好きなんだなーと驚きました。005.gif
暑い土地ですから、こうやって一息入れられる場所は必要ですよね。

e0231876_21391616.jpg


パスター通りの雑貨店をつらつらと見て歩いた後は、何だかとってもオシャレな店構えのスタバを見つけたので早速入ってみました。

e0231876_2139245.jpg


店内はとっても広く、窓際のソファー席も居心地抜群で、今まで行ったスタバの中でも間違いなくベスト3に入るなと思いました。 何ていうか、とっても良い空気が流れてました。 もちろん店員さんは英語が通じます。

e0231876_21393282.jpg


海外旅行に行くと、ご当地スタバグッズをチェックしますが、ホーチミンのスタバは相当数のグッズが売られていて興奮しました! ←いつもの如く何も買いませんでしたが…

ベトナムオリジナルだとマグカップとかタンブラー、くまのぬいぐるみなどの他、アメリカから持ってきたらしき色んなグッズが置いてありました。 例えば携帯電話のジャックに付けるマスコットは日本でも韓国でも見たことが無くて、思わず買いそうになってしまった! 他に、タンブラーが2つ入るサイズのミニトートなど。

e0231876_21394879.jpg


注文したのはカフェラテ、安定のスタバクオリティーです。
(一応お砂糖も持ってきてみたけれど、もちろん入れずに…)

お値段はトールサイズで70万ドン、350円。 ベトナムの物価からするとかなり高いと思いますが、ソウルのスタバに比べたらずっとお安いです。 (韓国のスタバは世界で一番価格設定が高いと聞いたことがありますがどうなのでしょうね)

e0231876_21394040.jpg


携帯電話で撮った友達 @スタバ ↓

e0231876_21395510.jpg


窓際にちゃんとカーテンがかかってるスタバなんて、なかなかありませんよね~

写真以上に実物はもっと素敵なスタバでした。 かなりオススメです。063.gif


追記: ベトナムナビさんのこちらの記事によると、ベトナムにスタバが入ってきてまだ間が無いようです。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2014-03-01 00:00 | Vietnam


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me