Vietnam 2014 part3, 聖母マリア教会と あのお祖父さんのいる中央郵便局

e0231876_081142.jpg


旅の2日目。 朝食の後は、ホーチミンを訪れたら必ず行かなければならない場所のひとつ、聖母マリア教会と中央郵便局へ向かいました。

e0231876_082026.jpg


前回の旅行は母が一緒だったこともあり、オプショナルツアーで連れて行ってもらった場所です。 OPだとラクはラクなんですが、なかなか街の位置関係が掴めなかったり、行った場所も印象に残り難かったりしますよね…

今回は完全に個人旅行だったため、ホテルから徒歩で向かいました。 一直線に大通りを歩けばいいだけなので、迷う可能性はゼロ。 思った以上にホーチミンはコンパクトな都市であることが分かりました。





あ、この門、覚えてる! 前回の旅行の時、確か花嫁さんがウェディングフォトの撮影をしていた場所だ。

e0231876_083935.jpg


聖母マリア教会は、カトリックの大司教座大聖堂です。 1863年から1880年のフランス植民地時代に建設され、材料のレンガはマルセイユから運ばれてきたのだとか。 ネオ・ゴシック様式が美しい、街のランドマーク的存在です。

e0231876_084641.jpg



こんな動画を見つけました。 ↓






早速中に入ってみましょう。

e0231876_085332.jpg


教会に入ると気分が悪くなることがあるという友達に 「ここ大丈夫?」 と聞いたら、全く問題ないそう。

私はそういうスピリチュアルなこと(?)が皆無な人間なのですが、友達は教会とかお城によっては見ただけでNGというところも多いのだとか。 ちなみに、フランスの教会やお城はかなりの確立でダメらしいです。

e0231876_09161.jpg


高い天井の礼拝堂。 このエリアはロープが張ってあり、一般客は入れないようになっています。 日曜日になると、信者さん達でいっぱいになるのでしょうね。

e0231876_09797.jpg


日本語でガイドしているグループがいたので近寄ってみたのですが、よく聞こえませんでした。 こういう場所はガイドさんに説明を受けながら見た方がよさそう。

e0231876_091536.jpg


キャンドルに明かりを灯しながら熱心に祈るお祖父さんがいました。 私としては、左手のマリア様像を囲むブルーのライトが非常に気になってしまったけど…

e0231876_09214.jpg


私のiPhoneで友達が撮ってくれた私の写真。 ↓ 南国はもっとハッキリした色合いの服が良いと反省…

e0231876_12324496.jpg


教会両側の2つの塔は、教会完成後の1895年に増築されたもの。 高さはそれぞれ57メートルあります。 美しいデザインに惚れ惚れ。

e0231876_093055.jpg


朝イチで心が清々しくなるような場所に行けて良かったです。 何と言ったらいいか分からないけれど、ホーチミンの人達に愛され生活の一部になっている 「生きた教会」 だなというのが伝わってきました。



e0231876_0251970.png




聖母マリア教会で心が洗われた後は、すぐお隣にある中央郵便局へGo。 ここも観光名所なので、郵便関連の用事が無くても誰でも出入自由です。 (というか、観光客が大半かも?)

「駅舎みたいだね」 と友達。 確かに。

e0231876_093865.jpg


この郵便局が作られたのは、同じくフランス統治時代の1886年。 フランス政府が本国フランスへの連絡手段として造った施設なのだとか。 パリのオルセー美術館(当時駅舎)をモデルにしたと言われているようですが、似てるかな?






真正面の壁に見えるのは 「ホーチミン」 さんの肖像画。

e0231876_094742.jpg


首都の名前にもなっているホーチミンさんというのはベトナムの革命家、政治家で、植民地時代からベトナム戦争までベトナム革命を指導し、初代ベトナム民主共和国の主席をされた方です。


郵便局内には小物などの売店もあり、アオザイを来た女性たちが接客をしていました。 民族衣装というのは その土地の人を一番美しく見せるものだな…と感心します。

e0231876_095433.jpg


現役の郵便局なので、もちろん、郵便を出しに来ている市民の皆さんもいました


e0231876_010325.jpg


電話ボックスがずらりと並ぶブースの上には、世界地図と世界の都市の時間を指した時計が掛けられています。 東京のものも発見〜 (ちなみに時差は2時間です)

e0231876_0101182.jpg



ところで私、この中央郵便局に行くにあたって、ひとりのお祖父さんのことを思い出していました。

2009年に過去記事に書いた この方なのですが。 ↓

e0166398_1344489.jpg


何も考えずに撮った写真に偶然写り込んでいたのですが、記事をUPした後でコメント欄に 「このお祖父さんは文字が書けない人のために長年ボランティアで代筆をしてあげている人だとテレビでやっていましたよ」 と教えてくださった方がいて… うわーすごい!と感動したんです。

2009年の時点でもかなりのお歳を召していたので、「さすがにもういらっしゃらないだろうな…」 と思っていたところ…


                  ↓ ↓ ↓ 今回の旅行の写真 ↓ ↓ ↓

e0231876_0101971.jpg


わー! いらっしゃる!!!

e0231876_0103055.jpg



あの時と全く同じ位置に座っていらっしゃいました。 机に置いてある水色の袋?もおんなじ。

このお祖父さんに再び会えたことが、実は今回の私のベトナム旅行の中でベスト1、2ぐらいを争う嬉しかった出来事だったかもしれません。


※ 今ちょっと調べてみたところ、このお祖父さんは手紙を翻訳してくれる方なのだそうです。 フランス統治時代にフランス語を覚え、郵便局員だった時代に英語を習得し、長年に渡ってこうしてボランティアを続けていらっしゃるのだとか。 ライフワークでやっていらっしゃるのでしょうが、見ているこちらが胸が熱くなるようなパワーを頂いた気がします。 やっぱり旅って素晴らしいな。


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2014-02-27 00:00 | Vietnam


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me