UK2013 part10, バースを出て石畳の街ライへ

e0231876_14272820.jpg


心温まるおもてなしのホテルをチェックアウトした後は、タクシーに乗ってバース・スパ駅へ戻ります。 今回は5泊という短い旅だったので、あっという間に折り返し地点に来てしまいました。

e0231876_14273666.jpg


ちょっぴり欲張って地方都市めぐりも入れた今回の旅でしたが、そのお陰で改めて 「イギリスの魅力はロンドン以外にもいっぱいある」 と気付かされましたし、「世界の車窓から」 さながらの のどかな田園風景を楽しみながらリラックスした旅を楽しむことが出来ました。



e0231876_14275615.jpg


例の素敵なホテルマン・Sueさんがアドバイスして下さった通り、駅の少し手前でタクシーを降りて、10分ほど歩いてみることにしました。 小雨が降っていたのは残念でしたが、それでも朝の清清しい街を堪能することが出来て満足♪ 最後の最後までSueさんにはお世話になりました。

e0231876_1428614.jpg


途中、反対方向から歩いてきた警察官の人に駅までの道を確認したところ、「僕の従兄弟が日本人と結婚して東京で暮らしているんだよ!」 と物凄く嬉しそうに言われました。 よく見たら、下の写真のモニュメントの近くにチラッと見えてます。(黄色いレインコート姿) 朝からちょっとホノボノしました。

e0231876_14281358.jpg


それにしても、今回ほどバースという街を素敵だと思ったことはありませんでした。 何度も書きますが、バースは日帰りじゃなく ぜひ1泊してみるべきです! 高級住宅地が広がっているだけあって治安も良いですし、のどか且つ適度に栄えていて旅行客にもピッタリの都市でした。 また必ず泊りがけで行きたいな。


バース・スパ駅に到着。 予定通り、この日はこのままRye(ライ)という地方都市へ向かいます。
(バース → ロンドンで乗換え → ライ、の予定)

e0231876_14282326.jpg


が、が!! なんと、私達が予約していた電車が直前でキャンセル、つまり運休になってしまいました。。 何故!? 本当に突然です。

駅員さんが言う通り、ひとまず別の都市行きの電車に飛び乗りましたが、そのまま乗っていたらとんでもない方向へ行ってしまう電車だったため、車内を循環していた車掌さんに尋ねて途中駅で乗り換えました。 (怪しげな応対から、「これは間違った事を教えられる危険性もあるな」 とひしひしと感じたので、かなりしつこく聞き返しました。 心臓に良くないです~、、)

しかも乗り換えた駅から出ていたロンドン行き列車が 私達が予約していた割引切符の会社ではなく別の会社のものだったので、「この切符が使えなかったらどうしよう」 と焦ったのですが、さすがはイギリス。 「電車がキャンセルになったので…」 と説明しただけで 「OK~」 と問題なしでした。 一応私達の切符には 「他の会社の列車は乗れません」 と注意書きがあったのですが、臨機応変ってことでしょうか。



気を取り直して、駅で買っておいたエルダーフラワーのソーダを飲みます。 エルダーフラワー商品って、とてもイギリスっぽいですよね♪ 実はこの飲み物、ソウルのパン屋チェーン 「パリ・バゲット」 でもフツーに取り扱ってます。 (嬉しい!)

e0231876_14283014.jpg


予定より大幅に遅れながらも、どうにかロンドン到着。

ロンドン~ライ間の切符は割引価格が無かったため予約してなかったのですが、偶然にも予約してなくて大正解でした。 もし予約してたら 切符をオジャンにして泣いてたところだったでしょう。。

ちなみに当日買ったライ行きの片道切符は35.60ポンドでした。 ロンドン~バース間を格安の9.50ポンドで買えたことを考えると あまりに高過ぎますが、交通費高のイギリスでは仕方ないですね…



ロンドン~ライ間は直行電車は無く、途中のアッシュフォードでブライトン行きに乗り換えます。 が、このブライトン行きが曲者でして、なんと1時間に1本しか無いんです。

またも運の悪かった私達、アッシュフォードで電車を降りてブライトン行き列車が停まっているプラットホームに到着した途端、目の前でドアが閉まってしまい、1時間待つハメになりました。。 別にノンビリ歩いてたわけじゃなく、スタスタ歩いていたのに乗り継げないって… 走らない限りは上手く連携できない仕組みなのでしょうか??

e0231876_14283847.jpg


乗れなかったものは仕方ない… ということで、ブライトン行きが出るプラットフォーム1cのカフェテリアで時間を潰します。ここまで来たら腹をくくるのみ。 コーヒーとWALKERSのソルト&ビネガー味に救われました。。



待つこと小1時間。 今度こそ絶対に乗り遅れないぞ~! と目を血走らせながら(?) 乗車です。 ほっ。

e0231876_14284446.jpg


アッシュフォードからブライトン行きに乗り、約20分。 3駅ほどでライに到着しました。

e0231876_1428595.jpg


それにしても、なんだか本当に電車にはツイて無い日でした。

大幅に予定時刻を過ぎてのライ到着となったため、足早に街の中心部へ向かいます。 と言ってもライはとても小さな街なので、すぐに中心部に出られるのですが。


下の写真はライの駅です。 小ぢんまりとしていてアットホームな駅でしょう? ^^

e0231876_142994.jpg


駅から真っ直ぐに伸びるステーションロード。 だいぶ空がオレンジ色になっています。 学校帰りの学生達もちらほら居ました。 それでも 「ずいぶん人が少ないな」 という印象の街です。 一人旅じゃなくて良かった。

e0231876_14291456.jpg



この時点で時刻は既に夕方4時過ぎ。

私達がライに来た大きな目的はアンティークショップでしたが、「地方都市」 しかも 「冬」 ということで、急がないとお店が全て閉まってしまいそう。 ヨーロッパの地方都市は、閉店が驚くほど早いですものね…

本当は一旦ホテルでチェックインして荷物を置いてから街歩きをする予定でしたが、「そんな余裕は無い!」 ということで、駅からそのまま直接 アンティークショップ巡りを開始しました。


方向音痴な私達、タイムリミットの迫った初めての街で一体どうなることやら…

ということで、次回に続きます。 024.gif


人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2013-03-24 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me