UK2012 summer part18, ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで素敵ティータイム

e0231876_146495.jpg


旅の最後はイギリスらしくティータイムで♪
ピカディリーにある Royal Academy of Arts のレストランでクリームティーを頂くことにしました。

e0231876_146116.jpg






ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツは1769年に開校した歴史ある国立芸術学校。 素晴らしい展覧会が催されているようですが、実は私、いつも素通りばかりでまともに中に入った事はありませんでした。

e0231876_1463484.jpg


今回はちゃんと企画展も観ますよ♪ …の前に、やっぱり地下にあるレストラン&カフェへGO~


階段を下りて左手には とても気軽な感じのカフェがあり、お客さんがコリドーでお茶を飲んでいました。 でも今回は右手にあるレストランの方へ向かいます。 レストランの前のコリドーにも席が設けてありますが、せっかくなので ちゃんとレストランの中に入ってみることにしました。

e0231876_146404.jpg


レストランの入口は一見、一人ではちょっと入りにくそうな雰囲気でしたが、出迎えてくれた男性店員さんが笑顔で親切だったのでホッとしました。 ただ、ティータイムは3時からとのことだったので、一旦外に出ることに。

e0231876_1464694.jpg


ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの目の前は、かの有名なフォートナム&メイソンです。 いくらでも時間は潰せちゃう場所。 というわけで、お友達へのお土産を買うことにしました。

e0231876_1465431.jpg


フォートナム&メイソンの紅茶は日本でもイギリスの2倍のお値段しますし、韓国に至っては3倍に跳ね上がってますので、お土産を買うとなるとつい紅茶になりがちなのですが… 今回はちょっと趣向を変えて 「ハーブミックス」 と 「バジル」 を買ってみました。

e0231876_147093.jpg


私が暮らしている韓国は 「物価が安い」 と思われがちですが、ぜんぜんそんなことは無いんです。

韓国料理の食堂でチゲを食べてるだけなら安いですが、スーパーで食材や日用品を買おうとなると、確実に日本よりも高くて。 特に、韓国料理以外に使うような調味料などは種類が少ない上にビックリするほど高いので、東京に帰省するたびにまとめ買いしている程なんです。

今回まとめ買いしたハーブ類は在韓のお友達に配った他、我が家でもお料理に大活躍してくれています。 私が買った以外にも同じシリーズで種類がたくさんありましたので、ぜひご覧になってみてくださいね。 地下1階の売場にあります。




フォートナム&メイソンでうろうろしているうちに3時過ぎたので、レストランに戻りました。 「レストラン」 と書きましたが、ティータイムにはお茶だけも出来るようになってます。

e0231876_147678.jpg


ひとり客の私がカメラをパシャパシャやってるのも変な感じがするので急いで撮った結果、かなりピントがボケてます。。

これではあまり雰囲気が分からないかもしれませんが、とってもシック&ゴージャスで素晴らしいお部屋でした。 ヨーロピアンな中にも どこかエキゾチックさが感じられるインテリアです。

e0231876_1471214.jpg


ここではイギリスのティータイムの定番、「クリームティー」 を注文しました。 お値段は6.50ポンド、サービスチャージ込みだと7.31ポンドでした。 アフタヌンティーをするのに比べたら凄くお手頃価格です。

e0231876_1471878.jpg


「クリームティー」 というのは、紅茶とスコーンの セットのことで、通常はクロテッドクリームとジャムが添えられたもののこと。 アフタヌンティーは量が多すぎる、でもお茶だけも寂しいという時にピッタリのメニューです♪

ところで下の写真の右端に写っているポット、鉄瓶ですけれど、何かがおかしくないですか…?

e0231876_1472469.jpg


答え: 蓋が無い! 003.gif


e0231876_1473170.jpg
どういうわけで蓋が無いのかは分かりませんが、ウェイターさんが持ってきてくれた時は左の写真のように小皿で蓋がしてありました。 何だか結構テキトーな感じ!

でもある意味 「そんなにギチギチとマナーとかスタイルを気にせずにティータイムを楽しめばいいんだよ」 ということなのかな…と受け取りました。

英国式アフタヌンティー/ティータイム、なんていうと とかく日本人は固く考えがちだけど… 意外と現地の人はフレキシブルだったりしますよね♪ 要は 「楽しむ事」 が一番大事なのかな。



思っていた以上にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでのティータイムは素敵でした。 オススメです!



そういえば、レストランを出てからそのまま館内のドアを通り抜けていたところ、いつの間にか企画展の展示場に入ってしまっていたんです。

常設展の会場だろうと思ってそのまま観続けていたところ (常設展は無料のことが多いのです)、係の人が近づいてきたので、「あっ、もしかしてここは有料の会場だったのか」 と気が付いて…

急いで入口に戻ってチケットを買わなくちゃと思ったら、反対方向から入ってきた別のガードマンさんが 「彼女はオッケーなんだよ」 と言ってくれ、そのままスルーさせてもらえちゃいました。 何故?? よく分かりませんが、ありがとうございました。 笑 016.gif 申し訳無いから、早めに出ましたけどね。



e0231876_0251970.png



お茶の話に関連してですが、最近ようやく少しずつお茶の勉強をはじめました。063.gif

初渡英の時から紅茶関係に触れることは多かったですし、ソウルでもカフェ巡りをして出版もさせて頂いたりしたこともあり 「いつかは勉強したいな」 と思い続けていましたが、気持ちに少し余裕が出てきた今なら始められそうだと思って…

早速この冬の東京帰省の時、紅茶のお教室に通ってみました。 とても役に立ってよかったです。016.gif

ティーパーティーの開き方などを習った時はちょっぴり 「堅く考え過ぎなんじゃないかしら…」 とも思ってしまいましたが (先生の個性かも?)、まずは基本をキッチリと頭に入れておくのは大切なことですよね。

今までイギリスで体験したアフタヌンティーやクリームティー、カフェでのティータイムを思い出しながら、少しずつお茶の世界を知っていけたらいいなと思います。 次回の渡英時も、たくさんティータイムが出来ますように…



e0231876_0251970.png



楽しかったイギリス・デンマーク旅行もとうとう終わり。

e0231876_1474395.jpg


旅の終わりは、いつもしみじみしてしまいます。 今ではヨーロッパも 「近い国」 になりつつありますが、それでも12時間以上かけて行くには それなりに勇気が必要ですから。 (お金も…)

こうやって長期休暇にイギリスを訪れるたび、何か1つ大きな節目のようなものを感じます。 色んな事が 「普通」 に周っているからこそ、こうやって旅も出来るわけで… 自分や家族に大変なことがあれば暢気に旅などしていられません。 私は教師をしていますので、旅のたびに 「この1学期間も無事に終わってくれてよかった」 と心から感謝してしまいます。




スーツケースを持って空港へ。

ヒースローのTax Refundコーナーの係員さん、前回はとても要領が良い人だったけれど、今回はビックリするぐらい要領が悪くて大変でした。。 飛行機に遅れそうになってきたので声を掛け、優先的に手続きしてもらってどうにかなりましたけど… (それでも 「OK、今そっちに行くから」 と首を振ってくれてから10分以上は待ちました、、)

e0231876_1474819.jpg



ダラダラと時間をかけてしまった2012年夏の旅行記でしたが、ようやく終わりました。 ばんざ~い♪
今までお付き合いくださった皆さまありがとうございました。


…次回からは、2013年冬のイギリス旅行記が始まります。 071.gifえっ!!



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2013-01-29 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me