Denmark2012 part1, コペンハーゲン日帰り旅行のはじまり♪

e0231876_23185927.jpg


ロンドン・ヒースロー空港を早朝に出発し、およそ2時間の場所にあるデンマークはコペンハーゲンまで行ってきました。 今回の旅は短期間ということもあり、なんとコペンハーゲンへは 「日帰り」! でも、事前に色々調べたところ、コペンハーゲンはとてもコンパクトな街で日帰りでも十分楽しめそうな感じだったので、思い切って行ってみることにしました♪

e0231876_2319687.jpg


以前から興味はあったものの、「北欧」 というと距離的に少し遠いイメージがあり、今まではなかなか足が延びなかったんです。 どうせヨーロッパに行くならイギリスに行きたい、なんて思ったりもして…。

でも、冬の旅行で飛行機のストップオーバーを利用してフィンランドに立ち寄ってみて、「イギリスに行ったついでに気軽に北欧に立ち寄ることも出来るんだな」 と分かって。 もちろん、たった1日ではディープにその国について知ることは難しいかもしれませんが、それでも 「ゼロ」 のままよりはずっと良いはず♪

北欧には興味があるけどなかなかチャンスが無い、という方にもオススメのプチ旅行方法です。 ^^
それでは、はじまりはじまり~






早朝、前回の記事でUPしたホテルの前からローカルバスに乗り、ヒースロー空港へ。

出発はターミナル3なので、ターミナル5でバスを降りた後、さらに地下鉄に乗りました。 空港内ターミナル間循環バスも出ているようでしたが、上手く乗り場が見つからなくて。。 色んな人に聞いたのに、よく分からないと言われてしまったけど どうして!? ともあれ、既に地下鉄が運行しててよかったです。

e0231876_23191618.jpg


通常ヨーロッパ内を旅行をする際、私は格安航空会社のRYANAIReasyjet を よく利用するのですが、格安航空会社というのはそれなりに不便な点も多々ありますよね。 発着陸の空港がマイナー空港ばかりで市街地から遠くなってしまう、というのが最たるもの…

そのため、限られた時間で旅しなければならない今回は、市街地から近い主要空港に発着してくれる スカンジナビア航空 で行くことにしました。 さらに、飛行機が出ている時間帯も日帰り旅行にピッタリだったんです。



下のタイムテーブルを御覧下さい。 これなら朝早く到着して夜まで丸々楽しめるでしょ? 038.gif

e0231876_2433752.jpg
行き
ロンドンヒースロー空港発 6:40
コペンハーゲンカストラップ空港着 9:30 (1時間50分)

帰り
コペンハーゲンカストラップ空港発 20:05
ロンドンヒースロー空港着 21:05 (2時間)


※イギリスとデンマークの時差は1時間です


e0231876_23192377.jpg


ヒースローは出発ゲートの中に色々食べるところがあるので便利です。 私はいつもスタバで食べるのですが、ここのスタバのパニーニがとっても美味♪ カリッと焼いて袋に入れて渡してくれます。(ただし、挟んで焼くため、思いっきり潰れてますが。^^;)

ここでは店内で食べるか持ち帰りか聞かれるのですが、「店内」 って言っても他の待合椅子と同じエリアにちょこっとスタバ専用椅子が置いてあるだけの場所なので、もちろん 「持ち帰り」 を選択して テキトーにその辺の椅子に座って食べます。 「店内」 だと値段が少しUPしてしまうんですが、店内も何も無いような椅子に座って食べるだけで料金をプラスされるなんて、かなり納得いかないですよね!? ^^;

e0231876_23193033.jpg



e0231876_0251970.png




何かあったらイヤだなぁ、と心配しましたが、何事も無く無事にコペンハーゲンに到着。016.gif
北欧だと思うせいでしょうか、空港内も木がふんだんに使われていて、落ち着いた雰囲気でステキでした。

e0231876_23193745.jpg


キオスクの前にちょっと列が出来ていたので何だろう?と思ったら、これ、イミグレの列でした。 ヒースローのイミグレの恐ろしいほどの長蛇の列に慣れてしまっているため、たったこれだけの気軽な(?)列にビックリ。 首都といっても、それほど入国者は居ないのでしょうか。

私も10分弱並んだだけですぐに入国することが出来ました。 同じ北欧でもフィンランドに入国した時は イミグレのチェックが凄く厳しくて色々質問された記憶があるのですが (帰りのE-チケットも見せなければならなかったり)、デンマークは本当に簡単で 「何日滞在ですか?」「旅の目的は?」 程度でした。

e0231876_23194394.jpg


ヨーロッパは日本と比べてクレジットカードが格段に使える…とはいえ、やっぱり現金も少しは必要だろうということで、前回の旅行で残してしまっていたユーロ(50ユーロ)を両替することにしました。 50ユーロ→328クローネに。 入国審査のゲートを出て割とすぐにある Currency Exchenge のカウンターで出来ます。

e0231876_23194919.jpg


空港内でもう1つ忘れてはならないのが 「コペンハーゲンカード」 の購入です。

コペンハーゲンカードは、地下鉄やバスなどの公共交通機関が無料になる他、美術館などの施設が無料または割引になるお得なツーリストカードなのです☆ 24時間用と72時間用があるそうですが、もちろん私は24時間用 (249クローネ) を選択しました。

あちこち周る予定の人にとってはお得なカードですが、行動範囲によってはカードを買わずにそのつど払う方が得な場合もあると思いますので、ある程度事前に旅行の予定を立ててからカードを買うかどうか検討するといいかもしれません。



コペンハーゲンカードはインフォメーションデスクや空港、駅、ホテル、旅行会社などで購入出来ますが、私は下の写真の空港内インフォメーションデスクで購入しました。(空港から市内までの電車も無料になるので、どうせ買うなら絶対空港内で買うのがお徳です) すぐに使う場合、購入と同時に日付を入れてもらい、裏面にサインを入れなければなりません。 記入せずに利用すると罰金をとられるので注意!

e0231876_2319555.jpg


こちらがコペンハーゲンカードです☆

e0231876_2320136.jpg


空港から普通にチケットを買って中心部へ行く場合、こういったマシーンで買います。 慣れていない旅行者にとっては、やっぱりコペンハーゲンカードを買ってしまっておいた方がいちいち迷わずに済むので便利です!

e0231876_232065.jpg


空港から電車に乗るとき、プラットフォームにチケットを刻印する機械があったのですが、コペンハーゲンカードで乗車する場合にどうしたらいいか分からず悩んでいたところ、同じようにカードを手に悩んでいるスペイン系っぽいお兄さんが居たので2人で相談し、「サインがしてあるんだから大丈夫!」 ということで何もせず乗車しました。 ^^;

e0231876_23201298.jpg


空港から市内までは電車でたったの20分。 この交通の利便性も、「日帰り旅行」 には欠かせない条件です。 だって、空港から市街地までだけで1時間以上かかるようじゃ、実際に街を周れる時間なんて僅かになってしまいますから…

車内の椅子に取り付けてあったエチケット袋も親切で、「さすが北欧だわ~(?)」 とテンションが上がりました。

e0231876_23201796.jpg


こちらがデンマークのお金 「クローネ」 です。 コインのうち3種類が50円玉みたいに穴が開いていてるんですよ~。 しかも、写真だとちょっと見にくいかもしれませんが、ハート模様が入っていてとってもラブリーなんです!016.gif  コインにハートが刻印されているというのは、世界中でデンマークだけなんですって。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、デンマークは 「世界一幸せな国」 と呼ばれていて、国民の幸せ度が世界一高いんだそうです。 世界一幸せな国の 「ハート模様」 のコイン… なんかステキ053.gif

このコインは昔からヨーロッパでは 「身に付けると幸せになる」 なんて言われているそうです♪

e0231876_23202384.jpg


車窓の景色を楽しむ間も無く、あっという間にコペンハーゲン中央駅に到着。

e0231876_23203071.jpg


北欧というとモダンでスタイリッシュなデザインのイメージですが、駅構内はレトロな雰囲気があり、とってもステキでした。

e0231876_23203848.jpg


到着した途端に思ったこと… さ、寒い!057.gif

そうなんです、真夏だったというのに この日のコペンハーゲンの気温は16度ぐらいしか無く…。 下の写真をご覧頂くと分かるように、「もう秋ですか?」 というような服装の人もいっぱい。 夏のサンダルに半袖、かろうじてカーディガン持参程度の私には ちょっと厳しい寒さでした。

e0231876_2320457.jpg


こちらがコペンハーゲン中央駅。

e0231876_23205256.jpg


何となく人の流れに沿って駅前の信号を渡ってみたところ、目の前にベーカリーの 「アンデルセン」 が。 店名の由来ともなったハンス・クリスチャン・アンデルセンは言うまでも無くデンマークが生んだ世界的童話作家ですが、デンマーク発のベーカリーだと思ったら、実は広島発のお店なんですよね~。 それが本場コペンハーゲンにもお店を出しているのですから、何とも不思議な感じです。

e0231876_23205816.jpg


建物は工事中でしたが、通常通り営業はしているようでした。 ちょっと見てみたら、ブレックファストセットなどもあって美味しそうでしたので、お時間がある方はぜひ寄ってみてください☆ (アンデルセン・デンマークのHPはこちら


e0231876_0251970.png



【ご参考】 ロンドンからコペンハーゲンへの飛行機の予約について

今回は、スカンジナビア航空のホームページから航空券を予約しました。

下の料金表は航空券の予約サイトです。 日本語は選択出来ませんが、そんなに難しい事は無いのでご安心を~。029.gif ご覧頂くと分かるように、時間帯と座席クラスによって料金が異なります。

e0231876_240661.jpg


一番左側のEconomyは返金・変更不可の一番安いチケットで、次のEconomy Extraはもう少しフレキシブルなチケットです。 絶対に旅行に行ける確信があれば、左のEconomyを予約するのがベターですが、万が一行けなくなっても返金はされないので注意。 (予約後、確か24時間以内ならキャンセル出来ます。) 私は 「行けなくなったらその時!」 と、一番安いEconomyを買いました。



ヨーロッパの格安航空会社は、チケット料金も日々変わっていきます。 早く予約した方が安い場合が多いですが、後から値下がりしたりすることもあり… その辺は予約するタイミング次第かもしれません。

ちなみに、下の表の左側が2月中旬にチェックした時の料金で、右側は2月下旬にチェックした時の料金です。 2週間弱で1780円UPしてるのがお分かり頂けるでしょうか。

e0231876_314986.jpg


結局私は往復15900円(諸税全て込)の時に手を打ってチケットを購入しましたが、後でまた見てみたら、少し値下がりした時期もありました。 ほんと、こればかりは素人には分かりませんっ。 いずれにせよ、夏のハイシーズンのご旅行なら、早めの予約がベターだと思います。




今回は全体的に説明的な記事になってしまい、興味が無い方には面白くなかったと思います。 スイマセン。。

「ロンドンに行ったついでにちょっと他の国も覗いてみたいな」 という方の参考に少しでもなれば幸いです☆



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
ブログ内の文章・写真の無断使用・転載を禁止します。記事へのリンクはご自由に♪

[PR]
by yossy_uk | 2012-08-20 00:00 | Denmark


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me