UK2012 summer part2, トラファルガースクエアのオリンピックカウントダウン☆

e0231876_2354539.jpg


ロンドン到着日の夕方。 一旦ホテルにチェックインしてベッドに寝転がりながら、ミュージカルを観ようかどうか悩んだ結果、「疲れたから少しだけ街を散策するだけにしよう」 と予定変更☆

e0231876_235526.jpg


ロンドンオリンピックのカウントダウンの時計が置かれたというニュースを思い出し、トラファルガースクエアへ行ってみることにしました。 ついでにダイヤモンドジュビリーの名残も無いかしら~とキョロキョロしながら向かいます。 (上の写真は別の日に撮影した地下鉄内のポスターです)




地下鉄はとっても分かりやすくて便利ですが、いちいち地下深く潜らないといけないのが面倒…というわけで、ホテルのあるラッセルスクエア駅の側のバス停を探し、トラファルガースクエアへ行きそうなバスに乗ってみました。 バスの方が車窓の景色を楽しめるし、断然楽しい☆

e0231876_236494.jpg


20分ぐらいかな?でトラファルガースクエアに到着~。 画像が薄暗いですが、とっくに日没も過ぎた時間なので仕方ありません。。 下の写真の背後にある立派な建物は、無料で見学が出来る 「ナショナルギャラリー」 です。

e0231876_2361072.jpg


そして下のライオンさん達は三越の…いえいえ、こちらがオリジナルですね! ネルソン提督の像を取り囲む四つのブロンズ製ライオン像君たちです。

e0231876_2361824.jpg


はーい、こちらがネルソンさんです!

ネルソンさんは1758年生まれ、アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督です。 トラファルガー海戦でフランス・スペイン連合艦隊を破り、ナポレオンによる制海権獲得・英本土侵攻を阻止したそうですが、御自身は戦闘中に戦死されたのだとか…。 そんなわけできっと、この広場も 「トラファルガースクエア」 という名前なのですね~

e0231876_2362468.jpg


このトラファルガースクエアの目の前、小さな信号を渡ったところに 見慣れぬオブジェがいくつか置いてあるのを発見。 ん? 遠くの方に見える本物のビッグベンの手前に ビッグベンのオブジェ???

とにかく近付いてみることにします。

e0231876_2363031.jpg


この時は全く分からずに写真を撮っていたのですが、後から調べてみたところ、これは BT ArtBox というパブリックアートプロジェクトで、英大手電気通信事業者であるブリティッシュ・テレコムと、虐待やいじめ、両親の離婚などに悩む子供たちを電話相談を通じてサポートする非営利団体のチャイルドラインが共同で開催しているものなんだそうです。 80名以上のクリエイターが、英国のアイコン的存在である赤い電話ボックスをリユースし、ユニークなインスタレーション作品を制作して展示しています。

作品は、2012年6月18日から7月16日まで、コヴェント・ガーデンやケンジントン宮殿、トラファルガースクエアなど、ロンドン市内の公園や観光スポットなどで展示中です。


(下の写真はBT ArtBoxよりお借りしました。)
e0231876_19592297.jpg


下の写真のビッグベン型のもの、Big Ben BT ArtBox という作品名がついてますが、見た時はまさかあの公衆電話を利用したものだとは思いもしませんでした。(だって、原型を留めてないんですもの!) Mandii Popeさんという若くてキレイな女性アーティストさんの作品です。

e0231876_2363669.jpg


そして下の写真の黄色いボックスは Dial M for Monster という作品で、こちらも若い女性アーティスト Lauren O'Farrellさんの手によるもの。 HPの説明書きを読んでみたところ、このイエローモンスター君、「以前は電話を架けに訪れる人が落としていくケバブの残りカスを拾って食べていたが、公衆電話を使う人が激減した現在は 常に空腹状態」 なんてバックストーリーまであるのだそうです。

e0231876_2364235.jpg


これらの作品は、展示期間終了後にサザビーズなどでオークションにかけられ、その収益はチャイルドラインに寄付されることが決まっているんですって♪ 素敵なアイディアですよね!016.gif


公衆電話を使ったパブリックアートを堪能した後は、また広場へ。

e0231876_2364826.jpg


トラファルガースクエアのすぐ横にある下の写真の建物はカナダ大使館。 エリザベス女王即位60周年のダイヤモンドジュビリーをお祝いする横断幕が掲げられていました。 (「ER」 はエリザベス女王を意味する 「Elizabeth Regina」 の略です♪)

e0231876_2365417.jpg


そして… ジャジャ~ン! こちらがオメガ・カウントダウンクロックです! オメガはロンドンオリンピックの公式タイムキーパー。 高さは6.5メートル、幅が5メートル、重さは約4トンもあります。

e0231876_237048.jpg


摩訶不思議に くねっているデザイン、私は聖火のトーチをイメージしたのかしら?なんて思ったのですが、これはロンドンの町と時間の基点である「グリニッジ子午線」とロンドンとの関係をイメージしてデザインされたものだそう。 どの辺が一体そうなのか、凡人の私にはやや分かりにくいですが…

e0231876_237671.jpg


蛇足ですが、オメガではロンドンオリンピックを記念した腕時計、シーマスター1948“ロンドン2012”限定モデル を54万6000円で1948本限定販売中です。 なぜ中途半端に1948本?と思ったら、1948年に行われたロンドンオリンピックでもオメガが公式タイムキーパーを担当していたからなんだそう。


e0231876_0251970.png



トラファルガースクエアからてくてく歩いてピカディリーサーカス方面へ。 ここは劇場密集地帯です。 私と夫にとっても思い出深いミュージカル、「オペラ座の怪人」 の劇場の前を通りました。 今回は観られなくて残念だったけど、オペラ座の怪人、実は私が暮らすソウルにも年末にやってくるんです♪ 今から楽しみ~♪♪

e0231876_2371240.jpg


こちらは私の知らない作品でしたが… 本当に色んな作品が上演されていますね~。

e0231876_2371865.jpg



考えてみたら今回の旅行では1本もミュージカルを観ませんでした。 こんなこと、私のロンドン旅行史上初めてのことかも。 普段ならあり得ないことですが、多分最近はソウルでも結構ミュージカルを観ているので、私の中で 「ミュージカル餓え(?)」 が起きていなかったものと思われます。


夏のロンドンは夜9時過ぎまで明るい☆ 058.gif

というわけで、ホテルに戻る前にもう少し街歩きをしちゃいましょう~ To be continued...



人気ブログランキングへ ← 記事を気に入って頂けましたら…女王様をぽちっとプリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
ブログ内の文章・写真の無断使用・転載を禁止します。記事へのリンクはご自由に♪

[PR]
by yossy_uk | 2012-07-09 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me