Finland2012 part4, イッタラアウトレット戦利品と 北欧の美しい空の色

e0231876_19525536.jpg


前回ご紹介したイッタラアウトレットの続きです。 外に出ると辺りはすっかり暗くなっていました。 これで夜6時過ぎぐらいだったかな? やはり真冬だけあって暗くなるのが早いですね。 そのフィンランドも夏になると太陽が沈まない白夜の期間が1ヶ月以上続くのだそうです。

e0231876_19533726.jpg


ヨーロッパの夜は、とっても空の色がキレイ。 写真に撮ると更にそれが強調されるのですが、ビックリするぐらい 「ブルー」 が美しいんです。




見渡す限り一面の雪。 歩いている人もまばらで、シーンと静か…。 もしこれで一人旅だったら 「私は一体どこに迷い込んでしまったのだろう?」 と、思わず夢の中の出来事のように思えてしまいそうです。

e0231876_1953633.jpg


完全に雪に埋もれた自転車。

e0231876_19532811.jpg


またトラム6番に乗って中央駅方面へ戻ります。 トラム乗り場は工場からもすぐ近くなのでご安心を。

e0231876_19534550.jpg


ヘルシンキ中央部は本当に小さなエリアなので、トラムに乗る必要も無いぐらいだったのですが、こうやってちょっぴり郊外に出ると 「プチ・トラムの旅」 が楽しめてとても良かったです♪ それにしても、雪景色の美しさは言葉では表せないものがありました。

e0231876_19165563.gif



さてさて、それでは皆様お待ちかね(?)の戦利品のご紹介です♪ 紙袋の模様は、ガラスウェアのカステヘルミシリーズをデザインしたものでしょうか。 買った商品の箱が嵩張ってしまい、とっても大きい袋に入れて下さいました。

e0231876_19535445.jpg


お店のカウンターで免税手続きを受けたのですが、箱の上からナンバー付きのシールを貼られました。 これ、どうやら免税品であることを証明するためのシールのようです。 (レシートにも同じナンバーが書かれたシールを貼られました。 このレシートを空港で見せて免税手続きを受けなければなりません。)

e0231876_1954521.jpg


でも、この無駄に大きな箱を2つも手荷物にするのは大変過ぎるので、商品を箱から出してコンパクトにまとめることにしちゃいました。 ちなみに買ったのはアールトベース(花瓶)2つとマリボウル1つです。

・アールトベース(クリア) 160mm 日本国内参考価格 19,950円
・アールトベース(ブラック) 120mm 日本国内参考価格 14,700円

e0231876_19541492.jpg


アールトベースは、フィンランドを代表するデザイナーのアルヴァ・アールトにより、1936年にデザインされた超有名な花瓶。 フィンランドの湖の形からインスピレーションを受けてデザインされたと言われています。


マリメッコとイッタラのコラボレーションプロダクトであるマリボウルも1つ買いました。
(下の写真はiittalaさんよりお借りしました)

・マリボウル(グリーン) 日本国内参考価格 5,250円

e0231876_19145149.jpg



上記3点は、どれも全て赤札の 「特別価格」 になっていたものを買いました。 (「2級品」 の札が貼ってあるものよりも、更にお安くなっています。)

気になるお値段の方ですが、個々のお値段は失念してしまったのですけれど(スミマセン~)、3点トータルで140ユーロちょっとでした。 更に空港でTAX Refundとして18ユーロ戻ってきたので、最終的には120ユーロちょっと。 日本円にすると13,000円程度というビックリ価格で買う事ができました!

もし仮に日本で定価で買ったとすると、3点合計で4万円近くするものですから (それなら買いませんけど、、) 約3分の1で買えた計算に。 良いお買い物をしたわ~と自己満足に浸っちゃいました♪♪ アウトレットでは ちまちましたものを買う必要は無し! 定価でも安いものなら普段でも買えますので、皆さんも狙うなら普段はちょっと買わないようなものを狙ってくださいね~ 066.gif ←良い買い物が出来たのでイイ気になってます015.gif



アールトベース2つはちょうどサイズが異なるものだったため、無謀にも2つ重ねて収納しまして (危ないのでオススメしません…)、家から持ってきたプチプチで包みました。 念のため、例のナンバー入りシールも上から添付。 (箱から剥がした時に粘着力が弱くなってしまったので、こそっとセロテープで補強)

e0231876_19542394.jpg


「もしかして、空港でシールまできっちりチェックされたりして…」 と急に不安になり、余ってしまったシールも 全然関係の無い商品 (免税手続きを受けなかったもの) に代わりに貼っておきました。 「ここまでしなくていいかなー」 と自分で笑ってしまったのですが、空港で物凄~くしっかりチェックされたので、貼っておいて良かったです! というか、本当はシールは空港でチェックを受けるまで剥がしちゃいけなかったようです。 ゴメンナサイ。。

e0231876_19543686.jpg



TAX Refund(税金戻し)ですが、空港でチェックインした後に手続きを受けるようになってました。 手続きをして貰えるカウンターが非常に分かりづらくて行ったり来たりしてしまったのですが、なんと両替所と同じカウンターになってました。。 日本行き・韓国行きの飛行機がたくさん飛ぶ時間帯だったようで、結構並びました~。 空港へは少し余裕を持って行った方が良いかもしれません。

税金の戻しは、現金でその場で受け取るか、クレジットカードで戻してもらうかを選択できるのですが、側にいた日本人の女性たちが 「えーっ、日本円で戻してもらえないんだって~困るよね~」 と言っていたので驚きました。 そりゃヘルシンキの空港で、コインまで全部日本円で戻してもらおうという方が無理な話でしょう…。

思わず 「日本のクレジットカードで登録してもらえば、後日カード会社経由で日本円で銀行口座に戻りますよ」 と教えてあげようかとも思いましたが、自分が搭乗時間に遅れそうで慌ててたところだったのでやめました。 ゴメンね。^^; ちなみに私はクレジットカード戻しを選択しました。


e0231876_19165563.gif



今回つくづく思ったのですが、フィンランドの方々って物凄く仕事が丁寧でキッチリしてますね。 空港でも入国の時だけじゃなく、出国の時ですら物凄く色々聞かれて時間がかかったし、税金戻しの手続きでも1つ1つレシートと商品に貼ってあるシールを照合されました。 (最後にニコッと笑顔で 「パーフェクト!」 なんて言われました。 うう、罪悪感。。)

素朴でシャイだけど、真面目でキチンとしていて、声をかけるととってもフレンドリー 056.gif

…それが今回の旅で感じた、フィンランドの人達の印象でした。


もう少しフィンランド旅行記、続きます。


人気ブログランキングへ ← こちらもポチッとクリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved. ブログ内の文章・写真の無断使用・転載を禁止します。
[PR]
by yossy_uk | 2012-03-15 00:00 | Finland


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me