UK2012 part7, フォートナム&メイソンでダイヤモンドジュビリーグッズを買う

e0231876_18291284.jpg


自分用の、そして家族や友達用のちょっとしたオシャレなお土産を買うのに重宝するのが 「フォートナム&メイソン(F&M)」 ですよね♪ 1707年に小さなグローサリーショップとしてオープンし、瞬く間に王室と貴族階級の間で評判を高めたF&Mは、現在でも王室御用達の称号であるロイヤルワラントを持つ一流店として高い人気を誇っています。

e0231876_18292369.jpg


ロイヤルワラントは王室の人なら誰もが与えられるわけではなく、現在はエリザベス女王2世と夫のエジンバラ公、そしてチャールズ皇太子の3人だけなのですが、F&Mは3人のうちエリザベス女王とチャールズ皇太子の2つのワラントを保有しているんですって!

何はともあれ、私はここのティファニーブルーのテーマカラーが大好き♪♪♪
目の保養~と言いつつ、ついつい足を運んでしまいます。 さ、今回も気合入れて入っちゃいますよー!




F&Mは繁華街ピカデリーサーカスにあり、ホテルのあるサウスケンジントンからも14番バス1本で行けます。 特に帰りは、フォートナム&メイソンのすぐ近くにある本屋の目の前のバス停からサッと乗れて非常に便利でした。 (F&Mで買い物 → 本屋で買い物 → 荷物を持ってそのままホテルへ、が可能♪)

e0231876_18294420.jpg


F&Mといえばロイヤルブルーのパッケージがこれまた素敵☆ ショーウィンドーを眺めるのも毎回楽しみなのですが、今回はエリザベス女王即位60周年記念の 「ダイヤモンドジュビリー」 にちなんだ商品が陳列されていました。 クッキーから紅茶、ジャム、ワイン、カップ&ソーサーまで品揃えも豊富です。 ファンにはたまらないコレクターグッズですよね♪

e0231876_18295126.jpg


バレンタインも近いということで、「LOVE」 の文字が躍るディスプレイもありました。

e0231876_1830132.jpg


可愛らしく飾り付けられた店内。 普通なら店内で写真はNGですが、F&Mのグランドフロアは観光地化しているので、パパッとなら大目に見てもらえます。 (フラッシュまで焚くのはどうかと思いますが、そういう人も多いです…)

e0231876_1830987.jpg


e0231876_18301776.jpg


紅茶とコーヒーの種類の多さは圧巻。 最初の頃はこのエリアだけで平気で1時間は費やしてしまったものですが、最近は買うものが決まっているので大丈夫。 それでもやっぱりジーッと見てしまう、かなりの危険エリアです!

e0231876_18302584.jpg


今回の私の目的は 「ダイヤモンドジュビリーオリジナル商品」 を買うこと。 変なデザインだったらいらないなぁ…と思っていたのですが、なかなかオシャレな缶のものがたくさんありました。

e0231876_18303398.jpg


ゴールドに輝いています。 ディズニーランド同様、完全にジャケ買いの人も多そうですよね。^^;

e0231876_18304090.jpg


バレンタインのコーナーも。 イギリスは 「バレンタインは女性から男性にチョコレート」 という習慣の国ではありませんが (それって明○製菓が主に仕掛けた販促イベントだって聞いたことありましたが本当でしょうか…?)、愛する人にチョコレートを贈るのは欧米では普段からよくやること。 ここでも可愛らしいチョコレートが色々ありました。

e0231876_18304838.jpg


最終的に私が買ったダイヤモンドジュビリー関連の商品はこちらの2つです。 ティーバッグの紅茶缶とクッキー缶。 紅茶はともかく、クッキーは完全にジャケ買いであります。^^: 以前もF&Mでクッキー缶を買いましたが、美味しくなかった~、、 今回も、、、でした。 正確にいうと、美味しいものもあったけど美味しくないのが大半だった、という感じです。 「美味しくない」 なんて言ったら失礼かな… 無味に近いショートブレッド系のものやガリガリの堅いものなど、少なくとも私と夫の口には合わないものが半数以上でございました。

e0231876_18305699.jpg


この他にもいつものようにティーバッグの紅茶を自宅用とお土産用にGETしました。 自宅用は50bags入りを3箱買いました。^^; 色んなメーカーの紅茶を飲みましたが、F&Mが一番私の口に合う気がします。 ちなみにソウルでF&Mの同じ紅茶を買うと、25bags入りで2万ウォン以上してビックリします。 ロンドンだと3ポンドちょっとの商品ですよ… やっぱり韓国は輸入物が高すぎます!

というわけで韓国の知人や友人にもお土産にここで紅茶を買い、「新世界百貨店だと2万ウォン超えてるものなの~」 とアピールしながら渡しました。^^; そうしないとF&Mなんて知らない人も多いので… 015.gifいやらしいですよ!



F&Mのみならず、今イギリスでは色んなところでダイヤモンドジュビリー関連のグッズが売られています。 先日、可愛らしいティールーム 「High Tea of Highgate」 の話題でも取り上げた陶磁器メーカーのバーレイでもこんな記念プレートが売られています。 ロイヤルワラントが付いたメーカーは軒並みジュビリー関連グッズを発売するのでしょうね。

e0231876_1831585.jpg


私も10年前の即位50周年記念 「ゴールデンジュビリー」 の時はSPODEの記念プレートを買いまして、せっかくだから今回も買おうか物凄く迷ったのですが、ハロッズで現物を見て悩んだ末やめました。 こういう記念プレートって 「記念」 なのが大事であってデザイン云々は二の次だということはわかってはいるのですが、断捨離を進めている身としては 好みでもない重くてかさばるものをこれ以上増やしたくなかったのです…

e0231876_19165563.gif


フォートナム&メイソンの向かい側には、ロイヤルアカデミー・オブ・アーツがあります。 ここのカフェもオシャレだと聞いた事がありますが、まだ入ったことはありません。 横のアーケードの入口付近にはラデュレもあります。 (左手の旗の下あたりに見えてるのがラデュレ)

e0231876_18311938.jpg


今更…ではありますが、リージェントストリートをカメラに収めてみました。 リージェントストリートって、髪型の 「リーゼント」 の語源になったのはあまりに有名。 ぐいーんと曲がった建物が圧巻です。

e0231876_18312758.jpg


下の写真は10年前のゴールデンジュビリーの時のものです。 「ゴールデン」にちなみ、2階建てバスのダブルデッカー(の一部)もゴールドに輝いてました。 ダイヤモンドジュビリーの時は車体がスワロフスキーで彩られたりしたら面白いのに~…なんて思いましたが、それはやっぱり無理ですよ…ね。^^;

e0231876_12402586.jpg


ピカデリーサーカスの名所、エロス像。 写真で見るとあまり人が居ないように見えますが、信号待ちで歩行者がストップする一瞬を狙って撮ったものなので、実際はわんさか人で溢れかえっています。 スリが多い場所でもあるので注意が必要。

e0231876_18313761.jpg


記憶力の悪いワタクシ、旅行記はパパッと書いてしまわないと全て忘れる危険があるので、ハイペースでUPしております。 イギリス旅行記は約3分の2が終了。 引き続きUPしていきますので、お時間のある時に覗きに来てくださいね♪ 旅のアドバイスや御自分が旅行された時の感想など、気軽にコメントいただけたら嬉しいです。^^


人気ブログランキングへ ← こちらも押して頂けるともっと嬉しいです(?) クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved. ブログ内の文章・写真の無断使用・転載を禁止します。
[PR]
by yossy_uk | 2012-02-22 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me