Finland2012 part1, 初めてのフィンランド旅行♪ 雪のヘルシンキに到着

e0231876_513677.jpg


ロンドン旅行記に引き続き、復路で乗り継ぎの際にストップオーバー(途中降機)して1泊した、フィンランドのヘルシンキ旅行記をお届けいたします。 今回は 「安いから」 という理由だけでFinairを利用、自動的にソウル発→ヘルシンキ乗り継ぎ→ロンドン行きとなったわけですが、予想以上に素敵な街で とても楽しかったです☆

e0231876_5131784.jpg


フィンランドというと、「物価が高い」「学力世界一」「ムーミンの故郷」「デザイン雑貨」 などなどのイメージがあるかと思いますが、女性の皆さん方にはこの映画のイメージが強いのではないでしょうか。

そう、「かもめ食堂」 です♪♪♪





御存知無い方のためにかもめ食堂のあらすじを簡単にご説明しますと…
(下の画像は映画のHPよりお借りしました。)

e0231876_243091.jpg


ヘルシンキで 「かもめ食堂」 という小さな食堂を営んでいるサチエ(小林聡美)。 初めての客として食堂を訪れた日本かぶれのフィンランドの青年に 「ガッチャマン」 の歌詞を質問されるも思い出せず… 書店で偶然日本人旅行客のミドリ(片桐はいり)を見かけ、歌詞を教えてもらう。 その御礼にとサチエの家に泊めてもらうことになったミドリも、食堂を手伝い始めるようになる。 

そんなある日、両親の介護から開放されたマサコ(もたいまさこ)がヘルシンキに到着。 ところがスーツケースが紛失してしまい、途方にくれながら 「かもめ食堂」 に辿り着き…



という感じで、超個性的な3人の女性がフィンランドに集結して繰り広げる、くすっと笑ってしまうエピソード満載のほのぼのストーリーであります。

北欧らしい景色、家具や食器などがオシャレで、北欧ブームの火付け役にもなったと言われる映画ですよね♪ (ちなみに韓国でも結構人気があるんですよ~)



で、もたいまさこさん演じる「マサコ」の登場シーンがこちら。 フィンランドのヴァンター空港で 「スーツケースが出てこないんですけど…」 と途方にくれているシーンなのですが…

e0231876_230594.jpg


「おぉ~、ここがマサコさんがロストバゲージで困っていた場所ね! 『私の荷物、出てこないんですけど…』 なんちゃって!」 と喜びながら写真を撮っていたら…

e0231876_5133750.jpg


あら…? あらら…?? 周りのお客さん達はスーツケースをピックアップして既に外に出てしまったというのに、いつまで経っても私の荷物が出てきません。 (友達のスーツケースはピックアップ済)


5分… 10分… こ、これはもしかして、

私もまさかのマサコさん状態ーーー!?



…そのまさかでした。 あわわわわわ… 057.gif057.gif057.gif



荷物が出てくる周辺には係員さんはおろか人っ子一人居ない状態で焦りましたが、フロアの端っこにインフォメーションデスクがあったのでそこへ行ったところ、ロストバゲージの受付をしてくれました。

思わず 「私達、お手洗いに寄っていたので少し出てくるのが遅くなったのですが、その間に他のお客さんが私のスーツケースを持って行ってしまったのでしょうか?」 と聞いちゃいました。 だって、もし他の人に故意に持って行かれちゃったとしたら完全にアウトですから。。 貴重品は入ってませんでしたが、ロンドンのお土産が~~




デスクのオジサマがコンピューターでピピピと調べてくれたところ、 「その心配はありません。 なぜなら貴女の荷物はまだロンドンのヒースロー空港にあるので」 と言われました。 ヒ、ヒースロー??


e0231876_2201790.jpg


入国審査のブラックジョークといい最後の最後のロストバゲージといい、なかなかやってくれるねイギリス!

でもまぁいいです。 「かもめ食堂」 のロケ地でまさかのシンクロ! 私がお笑い芸人だったら、お金を出してでも買いたいネタでありましょう。 (え?違います??023.gif




後はオジサマにお任せし、私達はバスでホテルへ向かうことにしました。 考えようによっちゃ、手ぶらでホテルへ向かえるのですから 楽できて良かったのかもしれません。

e0231876_5134958.jpg


空港を出てすぐバス乗り場を発見。 とても分かりやすいのでご心配無く! お値段は確か6ユーロちょっとでした。 事前に予約などしておかなくても、乗る時に運転手さんに直接支払えばOK。 日中なら20分に1本の間隔で出ています。



ヘルシンキの空港から市内中心部までは意外と早く、30分ちょっとで到着しました。 1泊しかしないショートステイなので、中心部と空港が近いのは非常に助かります。

中央駅前には大きな郵便局、フィンランド語で 「ポスティ」 がありました。 この郵便局にはマリメッコ柄の郵便用ボックスがあったりムーミンの郵便グッズがあったりして 「必見の場所」らしいのですが、生憎私達は立ち寄れなくて… 皆さんはぜひ行ってみてくださいね!

e0231876_5135892.jpg


冬の北欧はかなり寒いのだろうな、と予想はしていましたが、本当に寒かったです!! いや、寒さだけで言えば正直冬のソウルだって激寒なので慣れてはいるのですが、ソウルとヘルシンキが絶対的に異なるのは 「雪の量がハンパじゃないこと」! 路面は完全に雪で覆われていました。 ちゃんと砂利を混ぜてあるので、滑って転ぶ心配は無さそうでしたが…

e0231876_514787.jpg


今回泊まったのはスカンディック・マルスキという大型ホテル。 大通り沿いを真っ直ぐ歩き、大型デパートの 「ストックマン」 がある向かい側にあります。 中央駅からは徒歩5分弱と、思った以上に便利な立地です。  

夏ならもう少し離れた場所にあるオシャレなデザインホテルにしたかったところですが、道路が雪で覆われた季節だったので駅近にして正解でした。 ちなみにお値段は2人1室料金で148ユーロでした。(booking.comで予約)

入口は普通のオフィスビルの入口といった雰囲気で味気ないものでしたが、中堅どころの大型ホテルだから仕方ないかな。 でもこれが意外に気楽というか、なかなか居心地の良いホテルではありました。 なんと言っても立地が良いですし、オススメできるホテルだと思います。

e0231876_5141870.jpg


お部屋はこんな感じ。 デザインの国!と思って見るせいもあってか、シンプルながらなかなかオシャレです☆

e0231876_514261.jpg


窓からの景色。 外に見えている丸い建物はスウェーデン劇場というそうです。 フィンランドなのにスウェーデン劇場?と不思議な気もしますが、素敵だからOK!

e0231876_5143548.jpg


あ、そうそう。 ロストバゲージした空港で貰った 「お泊りグッズ」 を開けてみたら、全部男性用アメニティグッズでした。 この感じだと恐らく女性用もあったのでしょうね、はははは。。

仕方ないので中味は出させて頂き、ポーチだけ夫の旅行用に持ち帰りました。(このポーチ、なかなかしっかりした作りでした)

肝心のスーツケースですが、夜8時前にちゃんとホテルに届きました♪ お風呂に入る前に到着してくれたお陰で全く不便することも無かったし、これもまた旅の思い出(?)となりました。 終わりよければ全て良し、ということで。

e0231876_5144474.jpg


昼頃ヘルシンキに到着してから色々回ったりしたのですが、夜近くになって友達が 「トラムに酔ったかも」 (あとは多分疲労) と言うので部屋で休んでいてもらうことにし、私一人でホテルの目の前にあるストックマンに夕飯の買出しに行くことにしました。 地下のデリが物凄く充実していて本当に楽しかったです。 ここはオススメ♪ 

上の階のフロアも雑貨類等が充実しており、「時間がなければストックマンだけ行けばショッピングは全部足りるかも」 と思うほどでした。

ストックマンについては、また別の記事でご紹介しますね。

e0231876_5145635.jpg


そして翌日。 窓から眺める夜明けの景色もとっても素敵でした。 これで朝の7時過ぎです。 

トラムもちゃんと走っていて(当然か…)、「あぁ、こんな朝早くから頑張って働いてくれている人達が居るんだなぁ」 なんてしみじみ思ったりしました。 旅って 「何気ない風景」 に感動できるのが素晴らしい…

e0231876_5151177.jpg


そして旅の楽しみといえばホテルの朝食ですよね♪ 

普通のホテルは入口で部屋番号を告げたりしますが、ここは大型なこともあってか 「勝手に入って勝手にどうぞ~」 のスタイル。 宿泊客以外が紛れ込んでも分からなさそうでした。 一人で食べに来ていたお客さんもいたので、ここなら一人旅の人でも気兼ね無く滞在出来そうです。

e0231876_5151968.jpg


メニューの種類もかなり色々ありました。 ニシンなどの魚料理もありましたが、さすがに朝からはちょっと… ということで、何となく無難なものばかり取ってきてしまいましたが。 ロンドンのホテルには生のフルーツ類が無かったので、ここではいっぱい食べちゃいました。 冬なのにスイカまでありました♪

e0231876_5152846.jpg



チェックアウト後はスーツケースを預かってくれますが、事前に口コミ情報で 「荷物ルームは出入自由になっており、客が自分で置いたりピックアップしたりするシステムなので、念のためにチェーンなどを持っていった方がいい」 と読んでいたので、このためだけに自転車用の90センチのチェーンを買って持っていき、2人分の荷物をまとめてチェーンで結びつけておきました。 

一応荷物ルームのドアには鍵が掛かってはいるのですが、ホテルマンさんに言うとすぐ開けてくれちゃうので、気になる方は やはりチェーンをお持ちになると良いかもしれません。

(このホテルに限らず、長距離列車に乗る場合などもチェーンを持っていた方が安心ですよね!)


e0231876_19165563.gif


056.gif本日のオマケ056.gif

「かもめ食堂」 でも言及されていましたが、フィンランドと言えば 「エア・ギター選手権」!

これは、実際にはギターを持たずに 「持ったフリ」 をして弾きマネをするという大会です。 日本人の方が優勝したこともあるそうですよ~ YouTubeで観ましたがかなり濃かったです、、。 下に2011年度の選手権の映像を張っておきましたので、興味がある方はどうぞ。





というわけで、初めてのヘルシンキ旅行記のはじまりです♪♪♪


人気ブログランキングへ ← ロケ地巡りの楽しさに目覚めた旅でもありました。クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved. ブログ内の文章・写真の無断使用・転載を禁止します。
[PR]
by yossy_uk | 2012-03-04 00:00 | Finland


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me