HongKong2011 part4, ヴィクトリア・ハーバーのショートクルーズ

e0231876_16114767.jpg


香港は断然夜景が美しいのではありますが、お昼の景色もまた開放感があって良いもの。 特に激寒のソウルから来た私達にとっては 「香港って暖かい~!」。 もちろん冬ですからそれなりに寒いのではありますが、12月末でも気温が15度前後あるなんてビックリです。

e0231876_16115696.jpg


一番上の写真にある豪華客船に乗れればサイコーなのですが、多分あれは中遠距離用の船。 九龍と香港島を結ぶフェリーは、上の写真の奥にある白×グリーンの中型フェリーです。 前回の記事にも書きましたが、この船、「スターフェリー」 はお値段もとっても良心的で、日本円にすると40円程度。 九龍から香港島へは地下鉄で行くことも出来ますが、お天気が良ければ断然フェリーでしょう♪



e0231876_1612955.jpg


私達が宿泊していた尖沙咀(チムサーチョイ)のホテルのすぐ近くには 「スターフェリーピア」 があり、そこから簡単に香港島へ行く事が出来ました。 行き先は 「中環(セントラル)」 と 「灣仔」 がありましたが、観光客は大抵中環(セントラル)行きを利用するようです。 上の写真は中環のピア。

フェリーに乗るには現金で切符 (トークンと呼ばれるコインのようなもの) を買うことも出来ますが、毎回お財布を出して買うのもちょっと面倒…ということで、途中でオクトパスカードを購入しました。 これは 「SUICA」「PASMO」 みたいなもので、チャージして使える交通カードです。 フェリーの他、地下鉄やバスにも使えてとっても便利♪ 空港から空港鉄道に乗る時にインフォメーションデスクでも買えますし、普通の地下鉄の駅でも買う事が出来ます。

e0231876_16121639.jpg


ガイドブックなどを見ると 「ツーリスト・デイ・パス」 や 「エアポート・エクスプレス・トラベル・パス」 といった旅行者向けの交通パスもあるようなのですが、ちょっとインターネットで検索してみたところ、大抵の人が 「香港は小さいので地下鉄に乗る機会もあまり無く、結局元が取れなかった。買うならオクトパスカードが便利」 と書いていました。
私達もホテルが尖沙咀という繁華街にあったため、結局地下鉄に乗る機会もそんなに無く、オクトパスカードにして正解だったと思います。 使い切れなかった分とデポジット(50香港ドル)は、空港にある空港鉄道のインフォで簡単に払い戻してもらえます。

e0231876_16122347.jpg


「スターフェリー」 の名前の通り、星が煙突部分や座席、制服などにデザインされています。 各フェリーの名前にも 「晨星(モーニングスター)」 「夜星(ナイトスター)」 「金星(ゴールデンスター)」など、必ず「星」がついているんですって♪

e0231876_16123092.jpg


注意書きの漢字を読んでも大体意味が把握できて面白い! SY(夫)に 「分かる?」 と聞いては優越感に浸る私… (英語でも書いてありますケド、、)

e0231876_16123636.jpg


「小心」 って恐らく 「注意して」 みたいな意味なんだろうと思いますけど、私の中では 「小心」 というと 「小心者」 という単語しか浮かんでこなくて、勝手に 「小心者のようにビクビクしろ、って意味なんだろうな~ぷぷぷ」 と想像しては 心の中で一人笑っていました。 (どうでもいい情報)

e0231876_16124389.jpg


あ、こんなところにもスターマークがありました!

e0231876_16124922.jpg


「住民の毎日の足にもなっているフェリー」 とのことですが、実際は観光客が大半だった気がします。

e0231876_16125612.jpg


このスターフェリーは6分~12分間隔で運行しているのでとても便利。 乗っている時間はたったの10分ちょっとですが、「もっと乗っていたかった~」 と思ってしまうぐらい気持ち良いんですよ♪ ちなみにスターフェリーの運行開始は1888年だそうで、実は物凄く歴史がある乗り物だったようです。

e0231876_1613813.jpg


夕方に撮った写真なので、全体的に少しオレンジがかってます。

e0231876_16131528.jpg


これはお昼に撮ったものだったかな?

e0231876_16132052.jpg


座るならやっぱり前の方の窓際が一番☆

e0231876_16132893.jpg


あ、話は全然変わるんですけど、今回の旅行に履いていったブーツが最悪だったんです。。 去年ソウルで買ったものなんですけど、デザインや色はとっても気に入っているのですが、革が堅すぎて旅行には不向きでした。 ちょっとの距離ならまぁ問題無いんですが、一日中歩くとなるともう大変。 「昔の中国の纏足ってこんな感じだったのかも… 皆さん、現代に生まれて良かったよね…」 と思うぐらい痛かったです。 というか、これでよく我慢してあれだけ歩けたなーって自分で感心してしまうぐらいの痛さでした。 でも私、旅行だからってスニーカーとかぺったんこ靴、斜め掛けカバンみたいなスタイルって凄く嫌なのです。。 015.gif頑固者ー!

e0231876_16133640.jpg


ブーツの話はまた後ほど別記事でさせて頂くとして、、

スターフェリーのボディにも数種類あって、下の写真のようにオープンエアーになっているものもあれば、上の方の写真のようにちゃんと壁があるものもありました。 お天気が良い時はどちらでもいいですが、雨季なら壁があるのに乗らないと大変なことになっちゃいますよね。057.gif

e0231876_16134330.jpg


到着~。 下船の時はチケット類を見せる必要はありません。 このタラップ、滑らないようにちょっと凸凹があったりするのですが、この凸凹が纏足ブーツを履いた足には本当に拷問で・・・(遠い目) 「こんなブーツ、もう捨ててやるぅ!」 と思ったのですが、結局またソウルに持って帰ってきちゃいました。 半日以内のお出掛けの時だけ履いてあげよう… 皆さん、靴選びは本当に大事です。。 015.gifあなた以外は皆分かってますよ!

e0231876_16135019.jpg


<オマケ>
尖沙咀(チムサーチョイ)のフェリーピアの近くにあったショッピングモールの入口にて。 クリスマスツリーだけどどこか不思議…と思ったら、

e0231876_16135771.jpg


ひゃぁぁ! これ、トイ・ストーリーでしたっけ? 入口付近の階段も、全部トイ・ストーリーのキャラクターで埋め尽くされていました。 子供たちは大喜び。 (大人たちも大喜びで写真撮ってましたが)

e0231876_1614542.jpg



そういえばふと思ったのですが、香港の人達というのも相当写真撮影がお好きみたいですよね!? 私がソウルに引越してきた時にもちょうどカメラブームで どこへ行っても写真を撮っている人たちが居て驚いたものでしたが (しかも自分撮り多し)、香港でも相当自分達撮りをしている若い子たちを見かけました。 まぁクリスマスシーズンだったこともあるでしょうけれど。^^


人気ブログランキングへ ← 実は香港、私が生まれて最初に興味を持った国でした。クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2012-01-07 00:00 | Hong Kong


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me