Macau2011 カジノの国マカオのザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾート

e0231876_293617.jpg


九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)にあるチャイナ・フェリーターミナルから約1時間。 香港のすぐお隣、マカオに行ってまいりました。 香港に行くのはこれが3度目だったのですが、マカオにまで足を伸ばしたのはこれが初めて。 SY(夫)に 「香港にまで行くなら、マカオに行かなきゃ。(←カジノ狙い)」 と言われなければ、多分これから先も絶対に行かなかったであろう場所です。

マカオに行った…と言っても、実際に行ったのはザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートという複合施設1つだけ。 滞在時間はわずか3時間という 「超弾丸」 な旅となったのでした。

e0231876_294882.jpg


ヴェネチアンリゾートは、その名の通り、イタリアのヴェネチアをモデルに設計された施設。 ホテルはもちろん、コンサートやバスケットボールなどが行われるホールや、カジノ施設の他、350店舗以上のショッピングモールや40店舗以上のレストランを併設しています。




香港からマカオ行きのフェリーのチケットは、予約無しですぐに買う事が出来ました。 ただ、尖沙咀のチャイナ・フェリーターミナルは非常に分かりにくい場所にあるので注意! ターミナルというのですぐ分かると思ったのですが、建物に入ってから迷いに迷いました…。 通常はSYが居れば道に迷うことは皆無なのですが、そのSYが一緒でもあれだけ迷ったのだから相当なものです。 5人以上の人に場所を尋ねましたが、そのとおりに進んでも絶対に辿り着けず、まるで狐につままれたかのようでした。

「フェリーは相当揺れるので、気分が悪くなる」 と色んな人のブログに書いてあったのですが、行きは全く揺れず快適でした。 (但し、フェリー自体は古くてあまりキレイじゃないです。) 何はともあれ、無事マカオに到着。

e0231876_210252.jpg


出口付近に、有名リゾート施設のカウンターが軒並み並んでいたので、その中から 「ヴェネチアンリゾート」 のものを探して尋ねると 「外に無料送迎バスがある」 と教えてくれました。 ヴェネチアンリゾートだけでなく、大抵の大型リゾート施設で無料の送迎バスを準備しているようです。

フェリーターミナルからリゾート群のある場所までは、バスで20分ぐらいかかったでしょうか。 大きな橋を超えると、背の高いビルがたくさん見えてきます。

e0231876_2101047.jpg


こちらがヴェネチアンリゾート。(下の写真はウィキペディアからお借りしました) 2007年7月に完成した、比較的新しい施設です。

e0231876_1271632.jpg


こちらでは、日本でも有名なエンターテインメント集団・シルク・ドゥ・ソレイユの公演 『ZAIA(ザイア)』 も観ることができます。 時間があればぜひ観てみたいところ。

e0231876_2101781.jpg


ちなみに、ビヨンセやレディー・ガガ、セリーヌ・ディオン、SYが大好きなリンキン・パーク、そして韓国のピも、ヴェネチアンリゾート内の会場でコンサートをやったことがあるそうですよ♪ ミスコンテスト 「ミス・マカオ」 が開催されたこともあるのだとか。

e0231876_2102459.jpg


各フロアの天井も高く、全てがビッグサイズ。

e0231876_2103144.jpg


社交ダンスのプロによるデモンストレーションも行われていました。 エンターテイメント性たっぷりです。

e0231876_2103829.jpg


ヴェネチアンリゾートといえばここ、のグランカナル。 ヴェネチアの運河をイメージして作られたそうですが、お台場のヴィーナスフォートの大型版みたいな雰囲気でした。 ヴィーナスフォートに行った事がなければもっと感動したかも…

e0231876_2104561.jpg


ヴィーナスフォートは時間ごとに天井の空の色がどんどん変わっていきますが、ここは色が固定したままでした。

e0231876_210516.jpg


ゴンドラに乗ることも出来るようです。 ゴンドラを漕いでいる人が大声で 「サンタ・ルチア」 を歌っていたのですが、「棒読み」 ならぬ 「棒歌い(?)」 で凄く可笑しかったー! 周りの人達も皆 「ええっ!?」 という感じで振り返って見ていました。 ぷぷ037.gif

e0231876_2105778.jpg


クリスマスシーズンだけあり、館内には大きなクリスマスツリーがたくさん飾られていました。 この時期に旅行するメリットは、キレイなクリスマスツリーやイルミネーションがたくさん見られることかも。

e0231876_211398.jpg


e0231876_2111078.jpg


金髪のオペラ歌手さんが小窓から顔を出して歌ってくれました。

e0231876_2111582.jpg


いくつか前の記事にちらっと書きましたが、今回私が履いて行ったブーツがあまりに痛くて…。 「中国の纏足(てんそく)ってきっとこんな感じだったのだろう」 と思うほどの痛みになってきたので、なんとしてもここで靴を買おうと決心。 気に入った靴は少し大きめのサイズしかありませんでしたが、とにかく買うことにしました。 ソウルの真冬にも対応出来るよう、ヒールが低くて中がモコモコになっている、昔なら絶対に買わなかったようなタイプの 「若い子ちゃんブーツ(?)」 です。

買ってすぐお店で履き替えたら、地獄から天国… 靴の重要性を痛いほど感じました。

e0231876_21134100.jpg


温かみのあるクリスマスツリー。 最近はシンプルなものより、こういうタイプに惹かれます。

e0231876_211401.jpg


e0231876_2114646.jpg


フードコートもありました。 ゴージャスな施設なので、どれだけ高価なものが並んでいることやら・・・と思っていたのですが、フードコートだけあって庶民的なお値段のものばかりでした。

e0231876_2115324.jpg


外国では和食は食べちゃだめ、は鉄則のはず(?)だったのに、なぜか血迷ってラーメンをチョイス。

e0231876_2115998.jpg


一口食べてビックリしました。 あまりに不味くて…057.gif 

「まぁまぁ」 程度を予想していたのですが、ここまで凄い味に出会ったのは初めてかも。 ある意味とても勉強になりました。 海外では2度とラーメンと食すまい、と… (そういえば香港のセブンイレブンでは、日清のカップヌードルがやたら色んな種類が置いてありました。 1つ食べてみましたが、凄く美味しかったですよ~ 多分、日本には無いお味でした。)


お腹がいっぱいになったところで、SYのマカオ訪問最大の目的であるカジノへ。 ついたての反対側が、すぐカジノになっています。 カジノというとかなり厳しいセキュリティチェックがあるイメージだったのですが、ヴェネチアンリゾートはノーチェックで誰でも入れてしまうようでした。

e0231876_212566.jpg


エスカレーターから撮ったところ。 つまり、丸見え状態。 とてもフランクなカジノのようです。

e0231876_2121221.jpg


私も 「物は試しに」 と思って覗いてみたのですが、100香港ドル(1200円ぐらいでしょうか)掛けようと思って現金を出したら、ディーラーさんに 「300香港ドルからです」 と言われてしまいショーック!054.gif

その時点で 「ここは私の出る幕ではない」 と判断し、スタバに非難しました。^^; SYは1人で 「大小」(マカオでは有名な初心者向けゲーム) やらカードゲームをちょこっとやったみたいですが、「今日は勝てない」 と判断したようで、30分程度でやめてスタバに来ました。 使ったお金も日本円に換算すると5000円もいかなかった模様。 「テーブルの隣に韓国人の夫婦が居たんだけど、旦那さんの方が一気に30万ウォン近く負けたみたいで、奥さんに怒られてたよ~」 と言ってました。

e0231876_212191.jpg


後で香港の友達にカジノであったことを話したら、「えっ、300香港ドルからしか掛けられないって、相当ハイクラスなカジノじゃない? 普通は50香港ドルぐらいから掛けられるはずだけど・・・」 と言われました。 そうですよねぇ、いくら何でも500円ぐらいから掛けられなきゃ、普通の人なんてカジノに入れないと思うのだけど…



カジノを出て、フェリーの時間まで再びふらふらと館内を散策。(ちなみに帰りのフェリーのチケットはヴェネチアンリゾート内のオフィスで購入出来ました。)

SYが大好きなサッカーチーム、マンチェスターユナイテッドのショップもありました。

e0231876_2122571.jpg


これだけ多くの魅力的なショップがあったにも関わらず、私達が買ったものは例のブーツのみ。 昔は 「旅=お買い物」 でしたが、最近はアジアを旅行する時は 「旅=食」 がメインになり、あまりショッピング関係には目が行かなくなりました。

それにしても、マカオというところは 「お金があれば本当に楽しい場所だけど、お金が無ければ空しいだけの場所」 ですね。。 いつか大富豪になったら (あるのか!?) また戻って来たいと思います。 (「300香港ドル以上からしか掛けられません」 事件が尾を引いている私…057.gif 株式や福袋ですら興味が無いのだから、ギャンブルなんてもっと手が出ません、、)

e0231876_2123232.jpg


でも、カジノで有名なマカオで (一瞬だけど)カジノ体験が出来たのは楽しかったです。 「もう来ることも無いだろうし、良い経験が出来たね」 と言ったら、「えっ、またそのうち来るでしょ」 とSY・・・。 えっ、そうなの!?

e0231876_212404.jpg


帰りのバスから見たヴェネチアンリゾート。 3時間程度の滞在だったけど、何だか色んなことを考えさせられました。(←オーバーですよ…) ありがとう、マカオ。 またいつか来るからね。 その時はカジノだけじゃなく、世界遺産もたくさん見たいと思います。 そう、実はマカオは世界遺産の宝庫でもあるのです。

e0231876_2124675.jpg



というわけで、あっという間すぎた 「超弾丸059.gifマカオ旅行」 でした。


ちなみにマカオを 「カジノ、ギャンブル」 の街として育て上げたのはスタンレー・ホー氏という実業家なのだそうです。 ホー氏は1960年代から40年間にわたってマカオのカジノ経営権を独占し、規制緩和で独占権を失った後も営業許可証の半分を握り続けているのだそう。

そのホー氏が2009年に脳卒中で倒れてからというもの、ファミリーによる骨肉の財産争いが始まったのだそうで… なんとホー氏には4人の妻と17人の子供がおり(!)、香港では格好のゴシップとして報じられているのだとか。 カジノ王なんていう人は、人生そのものがカジノのようにゴージャスなのですね…

ちなみに、第二次世界大戦の勃発後、マカオに逃れたホー氏が持っていた財産は たったの10香港ドルだったというのだから、これまたドラマのようなサクセスストーリーです。


人気ブログランキングへ ← 私は300円の宝くじから始めましょうかね…。^^; クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2012-02-03 00:00 | Macau


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me