Belgium2011 part3, 「食通通り」でランチタイム

e0231876_23275247.jpg


ベルギーはフランスに負けず劣らずの「美食の国」だそうです。 チョコレートやビールが有名なのはもちろん、他にも美味しいもので溢れているのだそう。 そんなブリュッセルには「食通通り」というストリートがあるのですが、「せっかくだからそこで食べてみたいわ~」 なんて思っていたら、気が付かないうちに通りに入っていました。

e0231876_2328868.jpg


椅子に座っているスーツ姿のおじさんの巧みな(?)トークに押され、一軒のレストランに入ることにしました。




e0231876_23282458.jpg


ほんと、ヨーロッパの人達って外で食事するのが大好きですよね~
どのお店もカラフルで楽しくなるようなテーブルコーディネートでした。

e0231876_23283920.jpg


さすがはビールの国、レストランの窓辺にも有名なビールの瓶が並べられています。

e0231876_2328534.jpg


私達も外で食べても良かったのですが、何となく室内へ。 といっても窓際だったので、半分外みたいなものです。 7月頭のブリュッセルは暑くも無く寒くも無く、旅行するにはとても気持ちの良い気候でした。

e0231876_2329426.jpg


e0231876_23291620.jpg


ランチコースは12ユーロ。 他のレストランも大抵ランチコースは11ユーロとか12ユーロぐらいだったので、足並みを揃えてあるのでしょう。 好きなビールを1杯選べるというので、お店の方にオススメを聞いて注文してみました。 ・・・ら、来たのはステラ。 実はお恥かしながら私、ステラってイギリスのビールだと思ってました。^^; だってイギリス留学中、私の周りはパブでは大抵ステラを注文していたので・・・

e0231876_23292896.jpg


さすがはステラ、すっきりしていて飲みやすかったです。 私は元々あまりビールは飲まない方なのですが、ステラはクセが無く飲みやすいので好きです。 女性向きかも。(うちの夫もステラ好きです。)


ランチのコースはいくつかのメニューの中から選んでいけます。 私達はシェアするつもりで、わざと2人でばらばらなものを注文してみました。 ヨーロッパでは日本みたいに料理をシェアすることってあまり無いですが、「分け合ったりしたらマナー違反かも」 と気にしすぎる必要は無いと私は思ってます。 フォーマルなレストランなら良くないですけど、こういうカジュアルなレストランなら さっとスマートにやれば問題無いんじゃないかな、と。(実際、お皿を回して食べてる欧米人も見たし。) どんなマナーも 「知っておいた方がいい」 のは確かですが、過度に気にしすぎてカチコチになり過ぎる必要は無いのではないでしょうか。

というわけで、魚のスープが来ました。 これ、日本人の口に凄く合うお味でした! こういうのって臭いが強かったりするとアウトですけど、とても飲みやすくて。 う~ん、さすがは美食の国です。

e0231876_23293925.jpg


このハムもしょっぱ過ぎず、普通に美味しくて◎。

e0231876_23295112.jpg


チキンのお味はまぁ普通だったけど、添えられてたポテトが本当に美味しかったです。 事前にチェックしてきた情報によれば、ベルギーはポテトフライもかなり美味しいという話で。 「噂通りだわ~!」 と感激しちゃいました。 ちょうど 「ヨーロッパで生野菜による食中毒」 のニュースが流れていた時だったので生野菜はほとんど口を付けず、代わりにポテトを残さず食べました。 これ、本当に美味しかった♪ ←くどい、、

e0231876_2330599.jpg


ラザニアも美味しくて・・・。
それほど期待せずに入ったレストランでしたが、どれもかなり満足のいくお味でした♪

e0231876_23301781.jpg


お食事が美味しかったのもよかったのですが、私が色々考えさせられたのが、客引きのおじさんでした。
(客引きのおじさん呼ばわりしてるけど、実はオーナーだったりして・・・^^;)

e0231876_23302787.jpg


このおじさん、とにかくマイペース! 目の前を観光客が通ってもお構いなしに屋外の客席に座ってコーヒーを飲んだり、隣のお店のおじさんとおしゃべりしたりしてるんです。^^; 興味があったので食事をしながらジーッと観察していたのですが、私達が食べている間だけで10人近い友達が彼を訪ねてきてお喋りに興じてました。 (彼ら、がしっと握手を交わしてたけど、ハグじゃなく握手なんですねぇ・・・)

一部始終を見ていた私は、はじめは 「なんだか、ノン気でイイ仕事だなぁ」 なんて思っていたのですが、実はこのおじさんがとっても凄いということに徐々に気が付きました。 というのも、目の前を通る観光客を尻目に、ダラーンとした姿勢で足を組みながらコーヒーを飲んでいたかと思ったら、「それらしき客」 が通るとスッと席を立って猛烈アタック! そして、ほぼハズレ無しの確立で客引きを成功させてしまうのです!

e0231876_23303796.jpg


そしてまたダラーン・・・開始。 (テーブルの上には新しいコーヒー。 だからそこ、客席ですけど・・・)

e0231876_2330489.jpg


日本だったらありえないこの働き方に、私は非常に感銘(?)を受けました。 とにかく的を射ているというか、要領が良くて。 ただ、日本じゃなかなか受け入れられないやり方ですよねぇ・・・。 だって日本人なら、お客さんが見えなくても声を張り上げて 「いらっしゃいませ~」 とやるし、お客さんがちらっとでも見えようものなら とにかく元気良く(笑顔で?)アピール!が当然ですから。 最終的に客引きに成功した回数は同じでも、日本人的にはこのおじさんみたいなやり方より、勤務時間中 真面目に立ちっぱなしで声を張り上げている人に高評価を下すんだろうな・・・

e0231876_23305981.jpg


話は飛ぶようですけど、ヨーロッパ旅行が終わって成田空港に降り立った瞬間、日本の人達を見て正直少々違和感を覚えたんです。 空港リムジンバス乗り場にいる係員さん達は 寸分違わずまるでレコーディングされたように乗車案内を繰り返しているし (英語でのアナウンスもとにかく丸暗記で感情無く読んでる)、佐○急便のお兄さんも 走る必要が全く無いような場所でも走っていて・・・。

つい最近、日本ではがん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の「4大疾患」に精神疾患をプラスして「5大疾患」とすると発表されたそうですが、成田空港に降り立った瞬間、申し訳無いけれど 「こんなんじゃ精神疾患が国民病に追加されても当然だ」 と思いました。 普段日本で暮らしていたらそんなこと思わないんだろうけど、ソウル生活→ヨーロッパを歩いてきた後で日本に戻ると、あまりの差に愕然として・・・。 この真面目さこそが、戦後日本を先進国へと押し上げてきた原動力でもあるのは間違いないですが・・・ でも皆が皆、適応できるかと言われると・・・

(という一連の話を実家の母にしたら、「大丈夫よ。 あなたは間違いなくこのおじさんタイプ。 お母さんは佐川さんタイプだわ、ほほ」 と言われました・・・。 でも私だって20代のころは生真面目で、学生時代のアルバイトでは、嵐の日でお客さんが居ないのに売場中に声が響き渡るぐらいの大声を出し続け、店員さんに 「どうせお客さん居ないから座ってなよ」 と気の毒がられたぐらいでした・・・)

e0231876_2331999.jpg


食後のお散歩でフラフラしていたら、自然とギャルリー・サンチュベールというアールヌーヴォー建築のアーケードに辿り着きました。

e0231876_23312018.jpg


ギャルリー・サンチュベールは、1847年閑静の世界最古のアーケードだそうです。全長は212メートルもあるそう。 王のギャルリー、王妃のギャルリーなどに分かれています。 ガイドブックにあるように、鉄とガラスの装飾が美しかったです。

e0231876_23313080.jpg


子供の頃、ポストカードをコレクションしていたのを思い出しました。 子供の頃って、何かをコレクションするのが好きですよね! 私の時代はキレイな模様の入ったビー玉に始まり、ビーズ、シール、キーホルダー、切手、レターセット、などなど・・・

e0231876_23314014.jpg


建物の美しさもさることながら、各お店の文字の装飾が個性的且つ間違いの無い美しさで素晴らしかったです。 1泊2日の慌しい旅で、ついつい食べ物にばかり目を向けてしまったけれど、もし次回またブリュッセルを訪れるチャンスがあれば、アールヌーヴォー美術にももっと目を向けたいと思います。 ブリュッセルは、1880年代に盛んになったアールヌーヴォー運動の中心になった街の1つだそうですから。

(あ、そうそう、ブリュッセルは月曜日に閉館の美術館などがほとんどなのでご注意ください。 私達はまんまと月曜日にぶち当たってしまいました、、)

e0231876_23315463.jpg



ブリュッセルのプチ旅行、もう少し続きます。


人気ブログランキングへ ← 今日のソウルは午後から豪雨で大変でした。クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2011-07-26 00:00 | Belgium


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me