Belgium2011 part2, マネケンでワッフル

e0231876_117594.jpg


突然ですが、ベルギーワッフルといえば「マネケン」を思い出す方も多いのではないでしょうか。 でもあの「マネケン」、実は大阪の会社だってご存知でしたか? 本場ベルギー・ブリュッセルにも、創業60年近い 「マネケン」 という名前のお店があるのですが、全く無関係なんですって。

ちなみに「マネケン」というのはフランス語で「小僧」という意味。 あの小便小僧のジュリアン君は「マネケン・ピス」になります。

e0231876_1171916.jpg


前置きが長くなりましたが、せっかくブリュッセルに来ているのだから・・・と、こちらのマネケンでもワッフルを食べてみることにしました。 ブリュッセルで一番の見所・グランプラスから徒歩1分の場所にあるので、迷うことはありません。 大抵のガイドブックに載っているはずなので、詳しい場所などはそちらを参考になさってくださいね。

さ、では早速中に入ってみましょう。





赤とグリーンのストライプの日差しが目印です。

e0231876_1173755.jpg


中二階もあったりして、思ったより広い店内。 ここはスイーツの専門店ではなく、郷土料理のレストラン・バーのようです。 夜、わいわいビールを飲んだりするのに良さそうな感じ。

e0231876_1174730.jpg


な、何だかシュールさを感じるのは私だけでしょうか・・・^^;
(人形って、飾り方によって凄く怖いですよね、、)

e0231876_1175827.jpg


カメラ小僧をやっていた可愛い女の子。 ヨーロッパの若い子も一眼レフを使って写真撮ったりするんだ~と思ったら、一緒に居たお父さんのものだったみたい。 それにしても彼女、バッチリ長袖を着てますね。 確かにこの日はブリュッセルもそこそこ涼しかったですが、長袖を着るほどでは無かったような・・・ というか、暖炉に火がついてるのも若干違和感が。 (私がよっぽど暑がりなのでしょうか・・・)

e0231876_1181069.jpg


わいわいと楽しそうだった仲良し家族でした。

e0231876_1182131.jpg


マネケンの目の前にはハーゲンダッツ。 ブリュッセルでもハーゲンダッツは大人気で、あちこちでお店を見つけました。 ハーゲンダッツってドイツの会社かと思ったら、アメリカのなんですよねー →過去記事

e0231876_1183342.jpg


ベルギーだけに、ハーゲンダッツにもオリジナルのワッフルメニューがありました。 食べてみたかったな~

e0231876_1184427.jpg


・・・なんてボーっとしていたら、注文したドリンクが来ました。 下の写真はkayさんが頼んだカプチーノ。 「あれ? ホイップクリームが乗ってる・・・」 とビックリの彼女。 あ、ほんとだ。 オマケ?^^;

e0231876_1185747.jpg


私は紅茶を頼んだのですが・・・ 来たものを見てビックリ! 色んな意味で凄すぎでしょ!!(汗)
写真で見るとそうでも無いですが、これが来たときは思わず噴出しそうになりました。 お湯と、そしてやたらごちゃごちゃ乗ったプレート・・・。(お砂糖のスティックが2本というのがさすがヨーロッパ。)

e0231876_119829.jpg


そしてお待ちかねのワッフルが来ました。 とってもキレイ♪

e0231876_1192027.jpg


あ、ちなみにメニューを見てもよく分からなかったので、ガイドブックの写真を見せて 「これありますか?」 と言ったらすぐ分かってもらえました。

e0231876_1193199.jpg


なぜメニューを見てもよく分からなかったかというと・・・
「パンケーキ」とか「ワッフル」みたいな大項目は英語なのに、メニュー名はフランス語表記だったから。^^;

ちなみにワッフルのところには3種類書いてありますが、実はワッフル自体は1種類のみで、下の2つはトッピング名みたいです。 上がチョコレート系のトッピングで、下のがイチゴのトッピング(シーズンメニュー?)と書いてある・・・かな?

e0231876_1194329.jpg


紅茶も準備完了。 笑

e0231876_1195611.jpg


いいよーいいよー038.gif 手タレもすっかり板についてるkayさん。

e0231876_120878.jpg


では、切ったところも見せてください。

e0231876_120211.jpg


更に拡大図。 しつこい? ^^;

e0231876_1203538.jpg


お味ですが、正直に言えば 「普通」。 ワッフル生地自体は驚くぐらい無味で、「ふわふわ」「もっちり」とかではなく、「ふかふか」「すかすか(?)」という感じ。 表現が難しいですが、目が詰まってないというか。 イチゴも砂糖漬けになってたりするわけでもなく、生のをそのまま乗せただけなので、かなり甘酸っぱかったです。 良く言えばシンプルでくどさが無いので、甘いものが苦手な人でも食べやすい味とも言えるかも。 イギリスで甘いものを連日食べていた私達には、実は 「ほっ」 とするあっさり味ではありました。

というわけで、しっかり甘いものを食べたい方には全く物足りないでしょうけど、お店の雰囲気は良かったし、何よりゆっくりくつろげたので、私達は満足しました。

e0231876_1204735.jpg


最後になりますが、ワッフルはフランス語ではゴーフル(Gaufre)というのだそうです。 「ワッフル」と言っても問題なく通じますが。 それから、ベルギーワッフルには2種類ありまして、今回私達が食べた長方形のものは 「ブリュッセルワッフル」、日本のマネケンのように丸くて小さいものを 「リエージュワッフル」 と呼ぶそうなのでご参考まで。 お腹に余裕があれば、両方食べ比べてみるといいかも。

ちなみに、旅行から戻ってから知ったことですが、ブリュッセルでワッフルを食べるならダンドワ(DANDOY)というお店が一番美味しい・・・という話。 フランスの雑誌 『マダム・フィガロ』 で、ブリュッセルのベストワッフル屋さんに選ばれたこともあるのだとか。 店舗の2階がティールームになっているんですって。 相変わらず 「後から情報」 が多い私、、


人気ブログランキングへ ← 次回は「食通ストリート」でランチ、です。 クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2011-07-24 00:00 | Belgium


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me