UK2011 part5, ポートベローマーケットで銀のカトラリーを探す

e0231876_1543033.jpg


今回の旅の大きな目的の1つ(?)でもあった、ポートベローマーケットにやってまいりました♪ 2年前のブログ記事(→こちら) を見たkayさんは 「ぜひここで銀のカトラリーが欲しい」 とやる気十分。 私も今年こそは~ということで、しっかりカトラリー分の現金を持って参戦です!

e0231876_1544331.jpg


以前も同じ事を書いた気がしますが、ポートベローマーケットはジュリア・ロバーツ主演の映画 「ノッティングヒルの恋人」 の舞台にもなった場所。 ロンドンで最も有名で最も大きなマーケットです。 場所的にも雰囲気的にもマーケット初心者にはオススメ。 但しスリも多いので、十分注意してくださいね。 では参りましょう~!





ポートベローは広いだけあって、それこそ 「何でもマーケット」。 アンティークのものから割と新しいもの、野菜や果物などの食料品に至るまで、様々なものが売られています。

ポートベローマーケットへは、地下鉄ノッティング・ヒル・ゲート駅から5分以上歩くのですが、サインがはっきり出ているわけでは無いので少々迷うかもしれません。 途中で人に聞くか、それらしい観光客の後を付いていきましょう。 ちなみにアンティークマーケットが出ているのは毎週土曜日だけなので、スケジュールを組む時は注意。

e0231876_155020.jpg


ファンキーな店構えの陶器のお店があったり・・・

e0231876_1551120.jpg


スタンプのお店もありました。 ここで素敵なイニシャルのスタンプを発見したので1つ購入。 もちろん 「Y」 の文字♪ kayさんも 「K」 の文字を購入していました。 彼女は徹底して 「自分がよく分からないものは人の真似をする」 というポリシーらしく、この旅行中も私と同じようなものを軒並み買っていたので、インテリアショップのhabitatでは店員さんに 「さっき、同じようなものを買っていった人がいたけど?」 と言われたそうです。^^;

「ねぇ、小さい頃 『kayちゃん真似しないでー!』 ってよく言われたでしょ?」 と言ったら、「言われた言われた!あービックリした!デジャヴかと思った」 ですって。 ぷぷ♪

e0231876_1552232.jpg


こんな風に建物内のお店もあれば、ストール(テントのようなもの)で販売しているお店もあります。

e0231876_1553320.jpg


そして・・・あった、あった。 2年前もこのマダムのお店でカトラリーを見たのでした。 あの時は現金を持ち合わせていなかったためハウスメイトのカミラにカトラリーを譲ることになってしまいましたが、今年は違いますよー!

e0231876_1554332.jpg


カミラが選んだのと同じキングスパターンに惹かれた様子のkayさん。 ゴージャスで普遍的なパターンなので、とても良いと思います♪ 私はもう少しシンプルなパターンが良かったので、目に付いたものをパパパッとセットに揃えて購入。

マダムが 「そのパターンなら全種類フルセットで揃った箱入りのものもあるけれど・・・」 と見せてくれたのですが、「日本人の私のライフスタイルはお箸中心なので、カトラリーはこれだけあれば十分なんですよ」 と言うと、かなり大ウケしてました。

e0231876_1561469.jpg


このマダム、kayさんがカトラリーを購入する時にも 「あなたはこれだけでいいのよね。 お箸中心のライフスタイルだから・・・」 と言っていたそうで、kayさんは 「・・・?」 だったそうですが、後で私が上の話をすると、「ああ、だからああ言ってたのか~」 と納得していました。 ぷっ

e0231876_1555426.jpg


普段あまり使わないものでも色々買い揃えるというのもアリだとは思いますが、私は買ったものを後生大事にしまいこんでおくのではなく、なるべく日常生活の中で使いたい人間なので、今回はディナーナイフ・フォーク・スプーン、ティースプーンを各半ダースずつ購入しました。

値段はまちまちだったのですが、トータルで90だったか95ポンドにオマケしてもらいました。 プラス、同じお店で銀のティーポットも購入し、トータル140ポンド。 オマケしてもらいたい時は "Could you give me a good price?" でOKです。

ちなみにこのマダムのお店はクレジットカードもOKでしたが、「クレジットカード会社から6%の手数料を取られてしまうので現金が有り難い」 とのこと。 お店によっては現金じゃないとオマケしてくれないというところも多いと思いますし、ストールで出しているお店は基本的に現金オンリーだと思いますので、やはりこういったマーケットに行く際には現金を準備していくのが良さそう。

e0231876_156559.jpg


こうやって改めて写真を見ると、結構色んなティーポットがありますね・・・。 私が買ったお店は全体的にデコラティブなデザインしかなかったので、あった中で一番シンプルなものを買ったのですが、他のお店でもちゃんと見ればよかったな。 また次回ロンドンに行く時のお楽しみにしたいと思います。

e0231876_156234.jpg


マーケットで買う時は、個人的にはあまり高価なものは買わない方が安全だと思ってます。 ポートベローは有名な観光地ですから、他のアンティークマーケットに比べると値段設定も少しお高めです。 また、店主によっては、何にも分からない観光客には少し高い値段で売ってくることもあるかも・・・。

こういう場所では 「旅の記念」 だと割り切って、たとえ相場より少し高く買ってしまったとしても腹の立たない程度のもので気に入ったものがあれば買う、というスタンスで行くのが良いのではないでしょうか。

e0231876_156323.jpg


こんなアンティークなミシンばかり扱っているお店もありました。

e0231876_1564145.jpg


少し肌寒かったですが、とても良い天気の日。 あ、そうそう、私達は少し張り切って9時過ぎごろ到着しました。 本気のディーラーさん達ならともかく、一般客にしては朝早い方でしょう? やっぱり朝早い方が良いものが残っている可能性も高いのです。

e0231876_1564840.jpg


e0231876_1565731.jpg


e0231876_15765.jpg


そして今回kayさんのもう1つのお目当てだったスリーピースのストールも発見しました。 スリーピースというのは、ティーカップ&ソーサー、そしてケーキ皿の3点セットのこと。 これが揃っていると、お友達を招いてのティータイムもぐっと素敵になりますよね♪

e0231876_1571516.jpg


スリーピースで16ポンドという驚愕プライスのものを発見し、kayさんに強くオススメしました。 彼女はグリーンの食器というのはイメージに無かったようでしたが、高貴な翡翠色を見ていたらどんどん引き込まれた様子で、即購入していました。 同じものが2セットあったのもラッキーでした。

(この写真を拡大して見たところ、「スポード」と書かれてました。スポードはイギリスを代表する老舗陶磁ブランドで、私もブルーイタリアンシリーズを集めていた時期もありました♪)

e0231876_1572331.jpg


がっと積み上げられたお皿色々もグッドプライス。 でも、焦ってあれこれ買わないように! マーケットで見ると素敵に見えるアンティーク調のお皿も、自宅に持って帰ったらただの古ぼけて色褪せたお皿に見えてきてしまう危険もあるので、きちんと見極めてから買わなければなりません。

e0231876_1573222.jpg


下の写真の左上にある緑のスクエアプレート、kayさんが買ったものと同じシリーズだったので 「これもぜひ買って」 と追加購入していただきました。 kayさんは大満足&大興奮!

e0231876_1574114.jpg


更にふらふら歩いていると、同じようにカップ&ソーサーを扱っているお店を発見。 ロイヤルアルバートのちょっと変わったカップ&ソーサーを見つけました。 ソーサー部分にカップとお菓子を乗せられるようになっているもので、お店の方の話だと 「19××年代(失念)に流行ったタイプのもので、テニスコートなどにお茶を持ち込むのに好んで使われた」 のだそう。

普段は店頭に出して1時間程度で売れてしまうそうですが、この日は私達が行くまで残っていたようです。 こちらもkayさん御購入。(確か2セットで30ポンド位。) お店のおじさんに 「Good job, ladies!」。 そして最後に 「スリには気をつけて! 例えば僕みたいなね・・・ははは」 と言われました。 何とも明るいおじさんでした。

e0231876_1575063.jpg


普段ならあまり選ばないであろうヨーロピア~ンな模様のカップ&ソーサーも、お店の方の話を聞きながら見ているととっても魅力的に見えてくるから不思議。 まさに 「物語り」 だなぁ、なんて思ったりして・・・。 それがこういったアンティークマーケットでお買い物する醍醐味でもあるのでしょうね。 (でも私は過去の反省からやっぱり見てるだけなのだけど・・・)

e0231876_158056.jpg


奥の方は食品のストールになるので、私達はここまででさっと引き上げ。

e0231876_158998.jpg


ポートベローマーケットにもブループラークを発見。 イギリスの作家でありジャーナリストであったジョージ・オーウェルさんの住んでいた建物だそうです。

e0231876_1581788.jpg


きゃわゆいワンちゃん発見。 座ってる姿がかわいかったのに、カメラを向けたら立った、、

e0231876_1582673.jpg


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ここからは後日 iPhoneで撮った画像です。(もうしばらくは一眼レフ出したくない、、)


ポートベローマーケットで買ったもの、その1。

例のマダムのお店でカトラリーと一緒に購入した銀製ティーポット。 今改めて見ると結構デコラティブですが、お店にあった中では一番シンプルだったデザイン。 3~4人用で少し大きめなので、次回行く時はもう少し小さいサイズを探してみたいと思います。 プライスタグには58ポンドと付いていますが、カトラリーとあわせて少しオマケしてもらえました。 お値段的に言ってもこれは純銀製ではなく、シルバーコーティングのポットだと思います。

e0231876_2243062.jpg


そしてこちらが私が選んだシルバーのカトラリー。 ディナーナイフ、フォーク、スプーン、ティースプーンそれぞれ半ダースずつです。 なんて言う名前のパターンか忘れましたが、シンプルで普段使いするには良いかなーと。 傷が付いたりして味が出るのが楽しみです。

e0231876_2244342.jpg


これは今回買ったものではありませんが、実家を掃除していたら出てきたのでついでに。 同じくポートベローマーケットで10年ぐらい前に買った、ソルト&ペッパー入れです。 ブルーの瓶が素敵でしょう? ただし、シルバー部分がすぐ変色してしまうので、たまに出して磨いてあげなければならず、結構面倒です、、

e0231876_2245363.jpg


ポートベローでではありませんが、今回の旅行で購入した食器の写真もついでに。

以前から気になっていたウェッジウッドのベラ・ウォンシリーズをハロッズの食器コーナーで買いました。 ちょうどファイナルセールの時期でして・・・とにかく凄かったです。 このベラ・ウォンはセールにはかかってなかったのですが、2日間限定でハロッズ会員は10%OFFになるというので、その場で会員証を作って(無料)購入しました。 外国人は更に15%TAXが戻ってきますから、最終的にはかなりお安くなりました。 C&Sとケーキ皿のセットで6000円しないぐらいかな?

e0231876_225375.jpg


ちなみにkayさんも別のベラ・ウォンのセット&ディナープレートを購入していましたが、そちらはセールにかかっていて更に25%OFFになってました。 もう何が何だか分からない安さ・・・。 「こんなとんでもない金額で素敵な食器が買えるなんて…」 と絶句の彼女でした。

今回は窯元の街・ストーク・オン・トレントには行けなかったけど、結局ロンドンでA級品をお安く買えて良かったです。 彼女が買った食器の写真を撮ることが出来なかったのですが、「気が向いたらiPhoneで写真撮って送ってね~」 と頼んで置いたので、いつか送ってくれるでしょう・・・


そしてこちらは25%OFF(+ハロッズ会員10%OFF)のセールにかかっていたウェッジウッドのINTAGLIO(インタグリオ)シリーズ。 これも1枚1500円とかその程度…。 買うつもりは無かったけれど、「今これを買わなければきっと後悔する」 と思い、ディナープレートとサラダプレートを4枚ずつ購入。 白い食器は何にでも合わせられるので便利ですね。

e0231876_2359045.jpg


ハロッズの食器売場には日本人の男性店員さんがいらっしゃるのですが、その方がめちゃめちゃ面白かったです。

つつつ~と寄ってきて、「あぁそれね、サラダじゃなくて友達にケーキ出したりしてもいいんじゃない?」 と言われました。(笑) 服装とかはスマートなのに、妙に下町っぽい語りが非常に面白かったです。 私が、「このINTAGLIOってシリーズ、日本では見たこと無かった気がするんですが、ヨーロッパにしか無いんでしょうか」 と聞くと、「え?そう? 日本にもあるんじゃない? よくわかんないけど」 みたいな感じで・・・ぷぷ。

下手に知ったかぶりする人よりずっと良い! 長時間お付き合い頂いてありがとうございました。 (※後で調べたら、日本にも入っているようでした。)



ハロッズの食器売場は物凄くゴージャスで、一見足を踏み入れるのをためらってしまうような雰囲気があります。 上顧客のマダムが、専属の店員さんを引き連れてお買い物していたり…。 でも、バーゲンシーズンはぜひぜひ入ってみてください! もちろん手が出ないようなお値段のものもありますが、今回のウェッジウッドやヴィレロイ&ボッホのように庶民的なものも結構揃っています。

ヴィレロイも、お皿1枚が1000円ちょっとなどありえない安さになっていて、重さを考えなければ欲しいものばかりでした…


人気ブログランキングへ ← 東京猛暑につき、偏頭痛が止まりません…。クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2011-07-15 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me