UK2011 part3, NEAL'S YARD REMEDIES本店へ

e0231876_393194.jpg


今回は日本でも人気のNEAL'S YARD REMEDIES (ニールズヤードレメディーズ) のロンドン本店をご紹介します。 ニールズヤードの本店は、その名も 「ニールズヤード」 という場所に存在しているのです。 ちょっと感動ですよね♪ (私だけ?)

e0231876_394853.jpg


ロンドンのコベントガーデン (映画「マイフェアレディ」でも有名です) にニールズヤードレメディーズのショップがオープンしたのは1981年のこと。 メディシナルハーブやアロマセラピー、フラワーエッセンスなどの自然療法製品や、これら自然療法を基にしたナチュラルスキンケア製品の販売を始めたそうです。





狭い路地を入っていくと、何だか独特の雰囲気が漂いはじめます。

e0231876_310695.jpg


こちらの建物にはロンドンオフィスが入っている模様。 何となく写真を撮ってみます。 本社は、緑豊かなドーセット州にあるそうです。

e0231876_3103869.jpg


そして路地の先に、本当に小さな広場が現れます。 その広場を中心にして、何方向かに路地が伸びている感じ。 ニールズヤードのショップは、その広場の中にありました。 今までにも何度か通ったことがある広場だったのに、それまでは完全に無視しちゃっていて・・・ 実は私も今回初めてキチンと立ち寄った場所です。

e0231876_3105982.jpg


店内に入ると、通常の商品のディスプレイと共に、薬の調合瓶のようなものもダーッと並んでいます。 お店の方にお願いすれば、色んな相談に乗りながら体調に合う商品をオススメしてくれるのだと思います。 ニールズヤードでは自然療法の考えにもとづいて原材料を選び、英国ソイルアソシエーションの認定を受けたオーガニック原料を配合しているそう。 「ニールズヤードレメディーズ」の「レメディー」というのは、近年日本でも注目され始めているホメオパシーの治療法と深く関係があるようですが、細かいことは私にも分かりません。。 とにかく、「レメディー」を店名に付けられるのは、ごく限られたブランドだけであるのは間違いありません。

e0231876_3111670.jpg


ちなみにウィキペディアをちょっと見てみたところ、レメディーは 「すでに現れている症状の治療目的に使われることもあるが、本格的な「治療」に当たっては、表面に表れた症状よりも、その病気を引き起こした根本的な原因を「治療」しようとする。このために、レメディーの服用にあたっては「ホメオパス」と呼ばれるホメオパシー「治療」を専門に行う者の処方による。」 とありました。 よく分かりませんが、服用にあたっては各自がキチンと納得した上で行う必要があるのかな?という印象。 私みたいに 「アロマオイルをちょっと買って部屋で焚きたいわ」 みたいな人間は、気にする必要は無さそうですが・・・

一緒に旅行したkayさんによれば、日本で売られているアロマオイルは 「アロマオイル」 としての認定基準が非常に曖昧で厳しい規格も無いため、「雑貨」 扱いになっているのだそう。 つまり、成分も非常に弱いものが多い、ということですね。 一方ヨーロッパのアロマオイルはきちんとした処方の基準があり、医療用として用いられているものもあるため、種類によっては物凄く強くて効き目も日本の「アロマオイル」 の比ではないのだそうです。 なるほどー。 ※アロマについて詳しい方、ぜひコメント欄で補足して頂けたら嬉しいです。

せっかくなので、精油2本と、直接肌に付けられるリラクゼーションオイルを買ってみました。 このREMEDIES TO ROLL (Relaxation) は尾木ママさんもご愛用なのだそう。^^; 精油は 「シトロネラ」と「ゼラニウム」をチョイス。 理由は「蚊除け効果があるから」・・・。

e0231876_3112917.jpg


更にkayさんは30周年記念リミテッドエディションのイングリッシュラベンダーボディーローションも買っていました。 限定発売といわず、常に販売して頂きたいような商品ですよね~

e0231876_3114110.jpg


30周年、の看板も立っています。 もっと歴史が長いと思っていたので、30年はある意味意外。

e0231876_311534.jpg


ニールズヤードが入っているビルには、ブループラークがはめられていました。 以前もご紹介したと思いますが、ブループラークというのは歴史的な人物が居住していた建物に付けられるブルーのプレートのことです。 ここはフィルムメーカーのMonty Python(モンティ・パイソン)が1976~87年まで居住していたと書かれていましたが、モンティ・パイソンって一人の人物じゃなくグループですよね・・・? はて?

e0231876_312853.jpg


ニールズヤードの店舗の前にはベンチやグリーンが置いてあり、とても良い雰囲気。 この一角だけとてもカラフルな色合いに塗られているのがとても可愛らしいです。 ・・・これを見ていて思い出したのが、ソウルのイテウォンにあるカフェ、「ニールズヤード」。 名前もそうですけど、お店の内装や色彩がこの土地ソックリなのです。^^; (拙著『su・te・ki ソウルカフェ』 93ページにも収録。) ま、業種が異なるカフェだからいいんでしょうかね~

e0231876_3122261.jpg


そうそう、注目すべきがニールズヤードのレストラン! オーガニックの材料を使ったお料理がいただけるみたいですよ~。 私達もお腹を空かせて行けばよかった!と後悔。 次回はぜひレストランにもトライしてみたいです。 こちらも大人気で満席でした。 もしかして、予約必須なのかな?

e0231876_3125246.jpg


周辺のお店も皆カラフルで可愛い!

e0231876_3131060.jpg


e0231876_3132637.jpg


e0231876_3135099.jpg


ロンドンは本当に様々な表情を見せてくれる街ですが、こんなポップなロンドンも何だか物凄くロンドンらしいなぁ・・・と思いながら歩きました。

e0231876_314731.jpg



東京があまりに暑くて日中は極力外に出たくないため、ブログの更新が進みます。^^; 一瞬、ソウルに戻る日を早めようか・・・とも思ったのですが、帰国前日に絶対断れない予定が入ってしまっているので断念しました。 あと1週間強、体調を崩さないように気をつけなければ・・・。(何せ過去に暑さで腸が切れた実績があるのです、、) 今の時期はソウルも同じようにかなり暑いのではありますが、東京よりはほんの少しは凌ぎやすい気がします。 ああ、ロンドンの涼しさが恋しい・・・


人気ブログランキングへ ← 「暑い」と言ったら1回につき100円罰金!…なんてどうでしょう? クリック・プリーズ☆

Copyright(c) yossy All rights reserved.
[PR]
by yossy_uk | 2011-07-13 12:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me