Germany2009 part8, ハイデルベルク(3) ハイデルベルク城とその周辺

e0166398_833175.jpg


引き続きハイデルベルク日帰り旅行編です。 ハイデルベルクで一番有名な場所といえば ハイデルベルク城

・・・なのですが、行き当たりばったりで夕方から出かけた私とSY(夫)、何とお城が閉まる10分前に到着しました。 そもそもハイデルベルクにお城があるなんて、行きの電車の中で初めて知ったし。 あまりに無計画過ぎて自分でもビックリです。^^; (それだけこだわりがないとも言える)

e0166398_833309.jpg


ウィキペディアによれば、ハイデルベルク城はヴュルテンベルク州ハイデルベルク市に遺る城趾で、ドイツで最も有名な城趾の一つであり、ハイデルベルクの象徴的建造物となっているそうです。 今ウィキを読んでいて初めて知ったのですが、私が大好きなイギリスの画家・ターナーもこの城の絵を描いているのだとか。 テートギャラリーに行ったら是非探してみなければ。




e0166398_834246.jpg


『るるぶ』 の説明によれば、城までは5分ほどケーブルカーに乗らなければならないというので往復分のチケットを買ったのですが、これは片道分だけで十分でした。 (ちなみに現金でしか買えません。 ドイツって意外とクレジットカードが使えない場所が多いようです) さすがに急勾配の上りは徒歩だときつすぎるのですが、下りは逆に徒歩でのんびり景色を楽しみながら歩いた方が絶対に綺麗。 結局私たちは帰りの分のチケットは無駄にしてしまいました。

e0166398_8342312.jpg


お城の入場料は大人3ユーロ、(恐らく)29歳以下の学生は半額の1.5ユーロ。
恐らく、というのは、ドイツ語でしか説明が見当たらなかったから適当に推測して。

過去の経験から、試しに韓国の大学院の学生証を見せて 「学生1枚と大人1枚お願いします」 と言ってみたら、係のお姉さん、チラッと見ただけで 「はい、どうぞ」 と学生料金でチケットを売ってくれました。 全然見てなかったよね・・・ 汗

普通はきちんと英語で書かれている 「国際学生証」 みたいなものを作る必要があるはずなんですが (あ、でも私の場合は年齢制限オーバーで無理かも)、ヨーロッパは意外とこういうところがアバウトなので、今回みたいに簡単にスルーしちゃうこともあるんですよね。 ^^;

e0166398_8345255.jpg


閉館時間間近だったため、残念ながら私たちは限られた場所しか見ることが出来ませんでした。 るるぶには 「ビールの大樽が見もの」 「魔女がかじったとされる鉄の門がある」 などと書いてあったけれど、それらを見ることが出来なかったのはちょっと残念。 皆さんがもしハイデルベルクに行かれるようなことがあったら、ぜひ余裕を持って行ってみてくださいね~

e0166398_8351023.jpg


やっぱり可愛らしい小瓶などに惹かれます♪

e0166398_8352753.jpg


時間オーバーで館内はほとんど見られなかったものの、城から望む素晴らしい景色は十分堪能することが出来ました。 風が冷たかったけれど、それも全く気にならなかった位。

e0166398_83623.jpg


オレンジ色の屋根が可愛らしい家々。

e0166398_8362528.jpg


私たちも歳を取ってからも こんな風に仲良く旅行出来たらいいな。

e0166398_8365248.jpg


一種の梅雨なのか、雨が降ったり止んだりの天気が続くドイツですが、この日は快晴でした。

e0166398_8371894.jpg


次回行く機会があれば、城にまつわる歴史などを調べてから行こう。

e0166398_8374125.jpg


下の写真の橋が、とてもよい雰囲気を醸し出していました。

e0166398_8381053.jpg


きゃー、綺麗だけどちょっと怖い~。 「ここから落ちたら一発だねぇ」 とSY、、

e0166398_8383279.jpg


帰りはケーブルカーに乗らず、徒歩で街へ下ることにしました。

ケーブルカーだとわずか3分程であっけなく着いたのに、徒歩だとかれこれ20分以上はかかりました。 街並みを観光しながらだから全然苦にはならなかったけれど、地図でも無いと途中から少し迷うかも・・・ 我が家は 「生きる地図」 ともいえるSYが一緒なので大丈夫。 特技というか何というか、彼ほど方向感覚が素晴らしい人を私は見たことがありません。

e0166398_8403011.jpg


こんな可愛らしい壁のホテル兼レストランも。 場所的に昼間はいいけど夜はちょっと怖いかな?

e0166398_8385623.jpg


さりげない鉢が素敵。

e0166398_8391751.jpg


赤い窓に赤い車・・・ 絵になるとはこのこと。 あ、お花も赤ですね。

e0166398_839406.jpg


こちらのお宅の花も赤。

e0166398_840530.jpg


街の方まで下ってきました。 この街もやはり自転車がたくさん。
自動車産業がさかんなドイツだけど、同時にエコな自転車も人々に愛されているようです。

e0166398_8405510.jpg


街角から当たり前のように望めるハイデルベルク城。

e0166398_841181.jpg


あ、美味しそう! 考えてみたらドイツに来てからまだチョコレートにトライしてません。
ドイツも有名なチョコレートのメーカーが多いそうだから、肌荒れしない程度に色々試してみなきゃ。

e0166398_8414078.jpg



今回はSYの同僚さんとそのお友達に 「本当に素敵な街だから行ってみて!」 とアドバイスされて急遽ハイデルベルクに行くことに決定したのですが、素直に行ってみて本当に良かったと思いました。 フランクフルトの近くにはハイデルベルクの他にもまだまだ中世の雰囲気を残す魅力的な街がありそうですから、可能ならまたどこか別の街にも足を伸ばしてみたいと思います。
[PR]
by yossy_uk | 2009-07-18 00:00 | Germany


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me