Germany2009 part4, ゲーテハウス

e0166398_057523.jpg


フランクフルトといえばゲーテ、ということで、SY(夫)とゲーテハウスに行ってきました。

『るるぶ』 にはレーマー駅から徒歩8分、とありますが、一度レーマー広場に出てしまえば割と近いです。 ただし、ちょっとメインストリートから外れたところを歩くので、少し分かり難いかも・・・ JCBプラザなどを目印に歩くといいでしょう。 この写真の建物が見つかればすぐです。

e0166398_1411388.jpg


ゲーテハウスは、ゲーテが年少時代と青年時代の大部分を過ごした家なのだそう。 「たいして広くないだろうし、2~30分もあれば十分だろう」 と思っていたのですがとんでもない! イヤホンガイドを借りながら見ていたら、たっぷり1時間はかかってしまいました。






ちなみに、ガイドブックにはイヤホンを借りるにはパスポートが必要とありますが、受付の人が 「パスポート無しでもいいよ。イヤホンガイドは絶対に役に立つから使って」 といって貸してくれました。 このイヤホンガイド、確かに絶対あった方がいいです!

e0166398_1405442.jpg


チケットを購入し、カバンを受付に預けて中庭に出ます。(カメラはフラッシュを使わなければOK) 小さいけれどもきちんと手入れされている美しい庭でした。

e0166398_1403181.jpg


ゲーテの両親の像。 ↓
ゲーテの父親は相当な資産家だったそうで、自ら働く必要が無かったため、時間の大半を自らの手で子供たちを教育することに注いだのだとか。

e0166398_0572531.jpg


こちらはキッチン。

イヤホンガイドによれば、ゲーテ家はゲーテ父が全て家計を握っていたようで、当時の細かな家計簿を見るとゲーテ家の生活の様子がよく分かるのだそうです。 それを聞いて私、「うわー堅苦しそう。あんまり細かい男は嫌だわ」 ・・・と思ってしまいました。 ごめん、ゲーテ父。

でも、お金持ちほどお金の使い方にはシビアなものかもしれませんね。

e0166398_057446.jpg


青の間。 繊細な装飾が施してある家具が目を引きます。

e0166398_145535.jpg


こういうデコラティブな家具に昔は強く惹かれたものですが、イギリス留学後は逆にシンプルな家具に惹かれるようになりました。 でもやっぱりこうやって見ると 「素敵だな」 と思うのだけど。

e0166398_154798.jpg


こちらの食器は、ゲーテのお母さんが愛用していたものなのだとか。 食器が大好きな私は、家具よりもこういった陶磁器類に目が釘付けになりました。

e0166398_165983.jpg


建物の中から中庭を望む。

e0166398_1222749.jpg


各階のホール部分は明かりが差し込み、開放的で気持ちの良い空間になっています。

e0166398_12309.jpg


ゴージャスな赤の間。 重要な式が行われた場所なのだそうです。

e0166398_1232589.jpg


下の写真の階段の手すりに注目してください。 ↓

「優美で華麗な手すりだな」 と思いながら登っていたら、イヤホンガイドで 「ゲーテの父親は財力を誇示するために、ことのほかこの手すりの装飾にはこだわった」 という解説が流れてきて納得。 写真は撮りませんでしたが、2階から3階に続く部分の手すりには、ゲーテの両親のイニシャルもデザインされています。

e0166398_1343784.jpg


凝ったデザインの時計。

e0166398_135065.jpg


こちらはゲーテの妹の部屋です。 ゲーテの妹は、当時の女性としては珍しく高いレベルの教育を受けたのだそう。 残念なことに、早くに亡くなったそうですが・・・

e0166398_1352028.jpg


若い女性の部屋らしい、華やいだ雰囲気の部屋。

e0166398_1354348.jpg


こちらはゲーテが生まれたとされる部屋。 ↓
彼の小説の中にも、この部屋で生まれたということが記述されているのだそうです。

e0166398_13619.jpg


はっきり覚えていないのですが、確かこの部屋はゲーテの母親が使った部屋だったと思います。
女性らしい壁紙が印象的。 ←壁紙にことのほか反応してしまう私、、

e0166398_1362369.jpg


  素晴らしい食器コレクション。

e0166398_1364637.jpg


絵画室と、すぐ隣に繋がっている図書館。
(絵画室の写真は、この記事のトップの写真をご覧ください)

ゲーテファミリーは音楽をこよなく愛したのだそうで、音楽を演奏する間もありました。
実際に演奏するよりも調律するのに多くの時間を費やし、楽しんだそうです。

e0166398_137919.jpg


イヤホンガイドによれば、同時期の作家の中ではゲーテ程多くの肖像画や銅像が残されている人はいないのだそう。 というのも、当時から人々の尊敬を集め崇拝されていた彼、自分自身の存在自体をも特別な芸術として作り上げたいという希望があったようで、好んで肖像画などを描かせたからなのだとか。 ナルシスト・・・というのとも少し違うのかもしれないけれど、なかなか凄いものがあります。

e0166398_1395254.jpg


ゲーテが愛用していた机が置かれている 「詩人の間」。

e0166398_140973.jpg



思った以上に見どころ満載で素晴らしいゲーテハウス、いかがでしたか?
SYも最初は 「えー、昔1度入ったし、僕は入らなくていいよ」 などと言っていたのに、いざ中に入ってみると、イヤホンガイドを聞きながら私以上に真剣に時間をかけて回っていました。

皆さんもフランクフルトを訪れる機会があれば、必ずゲーテハウスに行ってみてくださいね!
[PR]
by yossy_uk | 2009-07-09 00:00 | Germany


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me