UK2009 part15, 夏のセントジェームズパーク

e0166398_20471961.jpg


日曜日にハウスメイトのカミラをバッキンガム宮殿に案内した後、セントジェームズパークを散歩しました。 実は後で地図を見るまでずっと 「ハイドパーク」 を散歩してるものだと思ってたんですけどね、、^^;

既に秋のような肌寒い日がずっと続いていたここロンドンでしたが、数日前からようやく夏らしい陽気になってきました。 何枚も持ってきてしまって後悔していた半袖がやっと着られます。。

e0166398_2047366.jpg


ホストマザーは、「天気予報では今年のロンドンはバーベキューサマーだ (バーベキューが庭で楽しめるぐらい暑い夏になる、という意味らしい) なんて言ってたのに、誰もバーベキューなんて出来ないまま秋になってしまうわ。 天気予報士なんてロンドンに住んでいないような人たちがやってるに違いないわ」 と言っていたけれど、どうにかバーベキューも出来そうです。 私は暑いのが大の苦手なので、私がいる間はこのまま涼しくてもよかったのだけど、、





e0166398_20475359.jpg


上のホストマザーの言葉で思い出したのですが、2001年に私が留学していた際に読んだ新聞に、ロンドンの地価があまりに上がりすぎて、警察官や消防士などといった非常に重要な仕事に就いている人たちがみんなロンドンから追い出されてしまい、通勤に長時間かかるような場所に住まざるを得なくなった。 これでは いざという時にロンドンは大変な事になるだろう」 と書いてありました。

そう考えると、地下鉄のゾーン1・2に住んでいるような人、とりわけ庭付き一戸建てに住めているような人というのは本当にラッキーなのだろうと思います。

e0166398_20481490.jpg


さすがに薔薇のシーズンは過ぎたけれど、夏の花がたくさん咲いていて綺麗でしょう? ^^

e0166398_20483078.jpg


「ロンドンってこんなにごちゃごちゃした街だったかな?」 と思うほど、この夏のロンドンはどこもかしこも人でごった返しており、何となく落ち着かない雰囲気です。 夏のハイシーズンに来てしまったので仕方ないのだけど、「ロンドンらしさ」 みたいなものがあまり感じられず、ちょっと残念な感じ。 特にロンドンは観光地なので外国人で溢れており、街では色んな国の言葉が飛び交っています。 ある意味過ごしやすくもあり、ある意味つまらない感じがしないでもありません。

e0166398_20484832.jpg


フランスを旅した時も思ったけれど (フランス旅行については後日UPします)、その国らしさが感じられるのはやはり大都市よりも地方の小さな都市だな、とつくづく感じました。

e0166398_2049268.jpg


それでもやっぱりロンドンは魅力的な都市。 18世紀の著名な作家、サミュエル・ジョンソンは、When a man is tired of London, he is tired of life. (ロンドンに飽きた人は人生に飽きた人だ) という名言を残しましたが、全くその通りだと思います。 どちらかといえば現在のロンドンよりも18世紀のロンドンに行ってみたかった・・・気がするけど。

e0166398_20491874.jpg


ロンドンを歩いていると時々 夏目漱石のことを思い出します。 夏目漱石は明治33年の5月に文部省より英文学研究のため英国留学を命ぜられてロンドンに留学しましたが、精神を病み、3年後の明治36年に日本に戻っています。 あの頃の留学生の苦労と比べたら、今みたいなコスモポリタン・ロンドンに留学するのなんて全く楽なものです。

e0166398_20493588.jpg


こちらのデッキチェアー、2ポンドなり。↓ 今日みたいに快晴の日ならいいけれど、先週までのように 今晴れていたと思ったら次の瞬間には雨・・・みたいな天気だと、デッキチェアーにお金を払って芝生に陣取るのがためらわれます。

e0166398_20494921.jpg


これでも十分美しいですが、薔薇の季節だともっと素晴らしいんですよ。

e0166398_2050844.jpg


こんなに晴れているように見える空ですが、この日も晴れたり曇ったりと忙しい空模様でした。 すっかりロンドンの天気に慣れたカミラさん、どんなに晴れていても毎日必ず折り畳み傘をカバンに忍ばせるようになりました。

e0166398_20502237.jpg



e0166398_20503567.jpg
ちょっとマニアックなものを見つけました。地面に埋め込まれていたこちらのプレート、ダイアナ元妃のメモリアルプレートです。

ロンドンを歩いていると地面にはこういったメモリアルプレートが埋め込まれていたりするし、壁にはブループラークが設置されていたりするしでイギリスマニアの私は歩いていてもキョロキョロしなければならないので大変です。(?)



e0166398_2050538.jpg


あ、大観覧車ロンドンアイも見えてきました。 天気が若干曇ってきています。

e0166398_2051779.jpg


ザ・マルの衛兵さん。 ・・・衛兵というよりは、完全に観光客の写真撮影の餌食。

e0166398_20512187.jpg


噂には聞いていたけれど、初めて見ました。 ダックツアーの車。
地上を走ったと思ったら、船のようにテムズ川に浮いたりするらしいです。

e0166398_20513882.jpg


今更ロンドンの観光なんて必要ないと思っていたけれど、こうやってまた誰かと一緒に観光地を歩いてみるのも新たな発見があったりして楽しいものですね。 よくよく計算してみたらロンドンは6年ぶりでしたが、こういう風に全く変わっていない場所を見ると妙にホッとしたり嬉しい気持ちになったりします。
[PR]
by yossy_uk | 2009-08-04 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me