UK2009 part13, ロンドン日曜美術散歩

e0166398_8413643.jpg


今日の日曜日は、またまたハウスメイトのカミラにお付き合いしてロンドン観光に行ってきました。 「とりあえず無料で入れるところは全て制覇したい」 というカミラのため、お約束の美術館コースを。

今日のルートは、

① バッキンガム宮殿 (衛兵交代式はやっていなかった。)
② 宮殿からセントジェームズパークを散歩しながらトラファルガースクエアへ
③ トラファルガースクエアにあるナショナルギャラリーをさらっと見学
④ 乗ったことが無いというカミラのためダブルデッカー(赤い2階建てバス)でハロッズへ移動
⑤ ハロッズから徒歩でサウスケンジントンにあるヴィクトリア&アルバート博物館へ
⑥ その隣にあるナショナルヒストリーミュージアムとサイエンスミュージアムへ

という、かなりハードなコースでした。

e0166398_8415423.jpg


私は⑥のナショナルヒストリーミュージアムとサイエンスミュージアム以外はすべて何度も回ったことがあったので特に目新しくて感動するようなことは無かったけれど、カミラが非常に喜んでくれていたので大満足でした。





e0166398_8421362.jpg


私のお気に入りの場所、ヴィクトリア&アルバート博物館です。 考えてみたらここ、2001年にSY(夫)と初めて二人で遊びに来た場所でした。

e0166398_8422777.jpg


その時に彼に小さな手鏡を買って貰ったのだけど、今でも超現役で毎日使っています。 直径5センチぐらいのまん丸のシンプルな鏡で、裏面がウィリアム・モリスのテキスタイルの柄のもの。 1ポンド50ペンス、当時で300円程度のものだったけど、非常にうれしかったのを覚えています。

e0166398_8424058.jpg


ヴィクトリア&アルバートはあまりに展示数が多いので、大抵 「今日はこの部分だけ見よう」 と決めて来ます。 実は私は先日も一人で訪れていたのだけど、その時は 「アイロンワークだけ見よう」 と決めて45分間だけ滞在しました。

e0166398_8425512.jpg


繊細で華麗な門飾りのようなものから、お菓子の缶のようなものまでかなりの数のアイロンワークが展示されており、見ごたえたっぷりです。

e0166398_8431278.jpg


そしてカミラと来た今日は 「ジュエリー」 の部屋と 「ステンドグラス&シルバーウェア」 の部屋を見ました。

e0166398_8432647.jpg


びっくりする位大きな虫眼鏡を持ってまわっていた御高齢のご婦人もいらっしゃいました。 ↓

e0166398_8433889.jpg


うまく写真が撮れたステンドグラスをいくつかご紹介しますね。

e0166398_8435247.jpg


   このステンドグラスを見ながら思い出したんですが、

e0166398_8443252.jpg


2001年にイギリスに留学する際、「せっかくだからステンドグラスを学んでこよう」 なんて血迷ったことを考えて、あれこれインターネットで調べたことがありました。 一体私はその後何をしたかったのだろう・・・

e0166398_8442093.jpg


そうだ、ロンドンに居るうちにセントポール寺院にも行かなければ。 
あそこのステンドグラスも本当に素晴らしいんですよ。

e0166398_844546.jpg


   カミラも食い入るように作品を見つめて。

e0166398_8444528.jpg


このヴィクトリア&アルバートには美しい中庭があるのですが、実は中庭に出たのは今回が初めて。
特別イベントとして、アラブ文化のお祭りがひらかれていました。

e0166398_8445966.jpg


ヘナを用いたタトゥーを無料で施してくれるというので、物凄く長い行列が出来ていました。
ちょうど終わったばかりの女性にお願いして写真を撮らせて頂きました。

e0166398_8451322.jpg


この中庭に咲いていたアジサイ、言葉では言い尽くせないほど色彩が見事でした。

e0166398_8453116.jpg


ソウルでは薔薇はよく見るのだけどアジサイは見たことが無かったから、ドイツやイギリスでアジサイをよく見かけるのが非常にうれしい私です。

e0166398_8454649.jpg


            Superb !!

e0166398_846068.jpg


すぐお隣にあるナショナルヒストリーミュージアムへ移動。
ここはホストファーザーもお勧めの場所。 ・・・だけど、正直私には 「うーん」 という感じでした。

e0166398_84615100.jpg


ここは、子供連れの人には素晴らしい場所だと思います。 カミラが 「ぜひ行きたい」 というので行った場所だったのに、当のカミラも10分で飽きたらしく、「ここはもう出て、隣のサイエンスミュージアムに行こう」 と言い出しました。^^;

e0166398_8463071.jpg


えっと、、この辺から写真が混ざっちゃってます。 どれがナチュラルサイエンスミュージアムのものでどれがサイエンスミュージアムものか分かりません。。

「神戸スーパーマーケット」 なる摩訶不思議なコーナーがありました。 ↓

e0166398_8464633.jpg


どうやら阪神神戸の大震災を再現するコーナーらしい。 中途半端に床が揺れ、周囲のスーパーマーケットの棚の商品がぐらぐら揺れる仕組み。 ・・・でもこれ、全く意味が無いと思いました。 というのも、中途半端に床を揺らしたりすると 「なんだ、大震災ってこの程度なんだ」 という誤解を与えかねないから。 やるならもっと徹底的に再現するか、もしくは映像か何かだけで済ませておけば良かったのに。

e0166398_84716.jpg


可愛らしい男の子が、竜巻の起こる仕組みを説明。 明らかにカメラを意識してます。

e0166398_8471692.jpg


乗り物新旧。 左の乗り物はTOYOTAが開発した近未来の車なのだそうです。

e0166398_8473230.jpg


    月面着陸したアポロ10号の一部。

e0166398_8475059.jpg


順序が前後しましたが、今日はナショナルギャラリーにも行きました。 私は数日前にも一人で行ったのですが、ここは何度行っても素晴らしいですね~。 今回私はカミラのカメラを預かってカメラマンに徹しました。

e0166398_848544.jpg


当初はナショナルギャラリーに立ち寄る予定では無かったし、「絵に興味があるなら立ち寄るけどどうする?」 と聞いても 「うん、どっちでもいい」 とそんなに乗り気な様子じゃなかったので、カミラは絵には興味がないのだろうと思っていたら、観終わった後 「本当に素晴らしかった。特にモネのコーナー」 と大喜びしていましした。 「ここはまた必ず戻ってこなきゃ」 とまで言っていたので、相当気に入ったようです。

e0166398_8482195.jpg


今日はとにかくよく歩きました。 カミラもお疲れ様! ボーイフレンドのママにプレゼントする手頃なカバンもハロッズで買えたし、今日も大層ご満悦な彼女でした。

夕飯はホストファーザーが腕によりをかけて作ったチキンのオレンジ&アーモンドソース煮。 えらく年期の入った古いレシピ本を開きながら作ってくれました。 毎日 「ゴージャス!」 と褒めまくっているので、日に日にディナーが豪華になっています。

「日本の若い女性は料理教室に通ったりする」 と話したら、「良家の子女なら分かるけど、普通の女性達もそんなに通うものなのか!?」 とビックリされました。 はい、私も日本女性の料理にかける情熱にはビックリさせられます。 一般的なイギリス人の食生活と比較すると、「日本人の平均寿命が長いわけだ」 と深く納得。 「料理教室では日本料理を習うんでしょう?」 というので 「イタリア料理や中華料理もありますよ」 と言うと 「まさかイギリス料理は無いだろうね? はっはっは!」 と自分で大ウケしていたホストファーザー・・・



さて、せっかくなので先日一人でふらっと立ち寄ってきた大英博物館も載せておきますね。

e0166398_8483641.jpg


時間が無かったのでこの日の滞在時間は約30分だったけれど、美術に詳しいわけじゃない私には十分。 芸術を楽しみに美術館に来て疲労困憊してるんじゃどうしようもないので。^^;

e0166398_8485474.jpg


大英博物館に来たら必ず見なければならない(?)、ラムセス2世の像。 ↓

e0166398_849928.jpg


ロゼッタストーン。 私の記憶が正しければ、2001年の時点では普通に公開されていなかったはず。 確か有料の特別展でしか見られなかったように思うのですがうろ覚えです。

e0166398_8492743.jpg


エジプト関係の展示室はいつも人でいっぱい。 数も多いので非常に見ごたえがあります。

e0166398_8494440.jpg



今回の記事は長くなってしまいました。

ロンドンは無料で見られる美術館・博物館が一杯あるので本当にオススメです。 子供たちが床に座りながら絵のレクチャーを真剣に受けているのを見ると、「子供のころの情操教育は本当に大切だな」 と色々考えさせられます。 同時に、子供の頃に色んな場所に連れて行ってくれた母にも感謝しなきゃいけないな、と思ったりもしました。

ロンドンに滞在するのもあと1週間。 平日は気ままに一人でぶらぶらそぞろ歩きを楽しもうと思います。
[PR]
by yossy_uk | 2009-08-02 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me