UK2009 part6, 思い出の地、ケンブリッジ(1)

e0166398_6471283.jpg


先週、SY(夫)と7年ぶりのケンブリッジに行ってきました。 ケンブリッジは言わずと知れた超名門大学 「ケンブリッジ大学(群)」 がある街で、ロンドン・キングスクロス駅から電車で1時間足らずで行けます。

既に何度か書きましたが、SYと私は2001年にケンブリッジにある語学学校に留学中、知り合いました。 結婚して一緒に暮らし始めたのは2007年ですが、知り合ってからは8年も経っているんですねぇ。 留学していた1年間はつい先日のことのようでもあり、10年以上も昔のことのようにも感じられます。

7年ぶりのケンブリッジは、ビックリするほど変わっていました。 ショッピングセンターを始めとしたショップがあちこちに新しく出来て、「一体こはどこ?」 という感じ。

e0166398_6474598.jpg


一度見た景色はほとんどしっかり覚えているSYでさえ、「ちょっとここは変わりすぎて分からないよ」 という程変わってしまったケンブリッジの中心街。 少し寂しくもあり、また 「私が住んでいた頃にこれだけ魅力的なお店が色々あれば、もっと退屈しないで暮らせたのに!」 と羨ましくも思ったり。





でももちろん、私たちが見慣れたお店も一杯残っていました。 下の写真の楽譜屋さんは、何度か通ったことがある懐かしい場所の1つです。

e0166398_648575.jpg


OL時代に同僚の影響でヴァイオリンを始めたのですが、ケンブリッジにも楽器を持ってきて、何ヶ月か個人レッスンをやってもらっていたんです。 今回この楽譜屋さんを見るまですっかり忘れてましたが、、、

日本以上にイギリスでは 「楽器を弾ける」 と言うと大喜びされます。 SYのホームステイ先のお宅に遊びに行った時も 「ピアノが弾けるならぜひ弾いてちょうだい」 と言われて簡単な曲をいくつか弾いたことがあったし、今回ステイさせて頂いているお宅にもピアノがあってそれを指摘したら 「弾けるの?ワンダフル!ぜひ弾いてちょうだい」 と言われました。 すっかり弾かなくなって長いこと経っているし、爪も長いのでお断りしましたが。

私は単純な人間なので、「またピアノやろうかしら」 なんて思い始めてます、、

e0166398_6484531.jpg


学生たちの待ち合わせ場所の1つだった 「ライオンヤード」 もすっかり様変わりしていました。 建物が拡張され、洗練された雰囲気に。 2階部分はちょっと高級な感じのお店が入っていました。 すっかりお世話になった図書館は現在工事中とかで、残念ながら中に入ることは出来ませんでした。

e0166398_649350.jpg


さて、今回は2001年に留学していた時の韓国人の友達、ジャネットと会いました。 彼女はその後イギリスの大学院でMBAを取り、イギリス人の旦那さんと結婚してケンブリッジで暮らしています。 結婚当初は旦那さんとソウルで暮らしたそうなのですが、旦那さんがソウル生活に耐えられなかったそうで2年前にまたケンブリッジに戻ってきたのだとか。

e0166398_6492780.jpg


あまりにキュートな息子ちゃん、ダニエル君。 なんと韓国語の名前も 「ダニエル」 というので 「韓国人の名前でダニエルってありなの?」 と聞いたら、正式には 「ダンヨル」 なのだそうで、韓国式にリエゾンして読むと 「ダニョル」、英語の発音のダニエルとそっくりに聞こえるからそうしたのだとか。 「うちの父の家系がみんな名前に 『ヨル』 が付いているからちょうど良かったの」 とジャネット。 子どもにインターナショナルな名前を付けたい韓国人の皆さん、御参考まで。

ちなみに上の写真でダニエル君をあやしているのはSYです。 彼、子どもをあやすのが凄く得意。 昔は全く子供が欲しそうじゃなかったのに、最近はどうやら子供が可愛くて仕方ない様子。 この旅行中にもたくさんの子どもを見たりしたしね。

e0166398_6495873.jpg


「TERI-AKI」 という名前のジャパニーズレストラン (でも店員さんはみんな中国人) で焼きうどんを食べた後、新しく出来たジョン・ルイスの立派なビルに入っていたカフェでお茶を。 こんなスタイリッシュで居心地良いカフェがあるなんて羨ましい! (しかもこのジョン・ルイスに置いてあるキッチン雑貨が本当に素晴らしくて、私一人でゆっくり来たかった位。)

e0166398_6501447.jpg


ジャネットは途中で 「韓国じゃ有り得ないけど、ケンブリッジじゃOKなの・・」 と言って授乳を開始しました。。 確かにソウルじゃ公共の場で授乳なんてしてる人を一度も見たことがありません。 地方じゃあるらしいですが。

ところで、韓国人の場合は結婚しても 「夫婦別姓」 というのを御存知でしょうか? 私とSYも夫婦別姓なんですが、ジャネットにとってはそれが非常に不便なのだそう。

「ダニエルはヨーロピアンの顔をしているから、アジア人の私がダニエルを連れていると 『誘拐したんじゃないか』 と疑われる危険があるから、パスポートに特別措置として私の名前の後に 『スミス(仮名)の妻』 って書き足して貰ったの。 ダニエルのパスポートにもミドルネームとして私の姓を入れて貰った」 と言ってました。 後でSY、「多分、入国審査とかで引っかかったことがあるんじゃないかな」 と言ってました。 でも想像してみてください。 自分のパスポートに 「山田花子(ウィリアムズの妻)」 なんて書いてあったら・・

すっかりイギリスに馴染んで英語もほぼ完璧にあやつり、どちらかというと韓国にはまったく未練が無いように見えるジャネットだけど、それなりにマイノリティとして大変な思いもしているのだな・・・と色々考えさせられました。 ちなみに彼女、現在は産休中なのだそうで、もう少ししたら仕事に戻るそうです。 頑張ってるなぁ。


ジャネットと別れた後、私たちが出会った場所である語学学校に歩いていくことにしました。

e0166398_6505478.jpg


語学学校は時が止まっていたかのように、何一つ変わっていませんでした。
ちょっと遅い時間に行ったので中には入れなかったけれど、きっと中も変わっていないはず。

e0166398_6511431.jpg


誰しも人生において 「あの時があったから、今の自分がある」 というターニングポイントってあると思いますが、私にとってはそれがまさに2001年のイギリス留学でした。 語学習得どうこうというよりもまず自分自身を見つめ直す良い機会になったし、それまでは一度も考えたことがなかった 「日本人として、アジア人としての自分」 を意識したり、色んな国籍の子達と触れ合う中で 「世界平和のために私に出来ることはあるか」 みたいな事まで本当に色々なことを考えました。

e0166398_6513381.jpg


この中庭のベンチでクラスメイト達とおしゃべりしたのが、つい昨日のことのよう。

e0166398_6515198.jpg


出会って8年も経っているけれど、SYはあの頃と変わらず誠実に接してくれる。 多分、これからも。 コンピューターを空港に置いてきちゃったりして腹が立つこともあるけど、、まぁ小さな事には目を瞑らないとね。 そうそう、彼のコンピューターは無事空港に保管されていました~(ぱちぱち) 仕方ないので今日、語学学校を途中で抜け出して、スタンステッド空港まで取りに行きました、、、

また明日、郵便局かどこかに行ってフランクフルトまで送ってあげなきゃいけません。 めんどくさ~

「だからいつも席を立つ時は後ろを振り返れって言ってるじゃん!」 と怒りたい気持ちでいっぱいだったけど、こうやってケンブリッジの写真を見ていたら 「見つかったんだし、ま、いっか」 みたいな大らかな気持ちになってきました。 究極、元気に生きててくれるだけでいいや。 ←飛躍しすぎ?


ケンブリッジといえば、パンティングです。 ↓

e0166398_6524264.jpg


ケンブリッジの街名の由来は、「ケム川にかかる橋」 なのだそう。
確か下の写真の橋は 「数学者の橋」 という名前だったと思うけれど うろ覚え。

そういえば 『国家の品格』 で有名になった数学者の藤原正彦先生もケンブリッジ大学に居たことがあるそうですよね。 私は大学じゃなく普通の語学学校に留学しただけだったけど、何となく共通点があって嬉しかった覚えがあります。 藤原先生の 『遥かなるケンブリッジ』 はもちろん読みました。

e0166398_6552220.jpg


「2週間だけホームステイしながら語学学校に通う」 なんていうと、「えーっ、たった2週間で何するの?」 と笑われるのだけど、これが思った以上に凄く効果があるんです。 まだ2日しか経ってないけれど、自分の脳が英語を受け入れる体制になっているのを感じます。 街を歩いていても発音や言い回しがスッと頭に吸収されていくし。 驚いたことに今は英語に触れられるのが楽しくて仕方ありません。 妙な話ですが、「ソウルに戻ったら、韓国語もバリバリやってみようかしら?」 なんて思えてしまう程です。

そんなわけで時間の無い社会人の皆さんも、たった1週間でもいいから旅行の代わりにプチプチ留学されてみてはいかがでしょうか? 私の妹も昔、有給を取ってNZに1週間だけ語学留学しましたよ。 ^^
[PR]
by yossy_uk | 2009-07-27 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me