UK2009 part4, ハロッズでアフタヌンティー

e0166398_12462112.jpg


7月23日はSYと私の3回目の結婚記念日でした。

結婚記念日なので・・・というわけじゃないけれど、この日は何となく 「イギリスっぽいことがしたい」 という私に付き合ってもらい、2人でハロッズの4階にあるジョージアンというレストランでアフタヌンティーを。 ここでアフタヌンティーをしたのは初めてだったけれど、キッズコーナーが近くにあったためか想像していたよりもちょっと騒がしいというか、割とカジュアルな雰囲気でした。

ハロッズといえばモスグリーン。ドアマンさんの制服もパリッとしていて素敵。 ↓

e0166398_12512369.jpg



ちなみにSYはアフタヌンティーをするのは初めてなのだとか。
確かに、男性だけでは普通、アフタヌンティーをしたりしないものね・・・ (特にSYはそういうものに興味無し)






広々としたフロアにたくさんテーブルが並んで。 奥の方はブッフェコーナーになっており、それを見たSYは 「アフタヌンティーよりブッフェがいい」 と言い出す始末。 それじゃ意味が無いのよ、、

e0166398_1249058.jpg


ちなみに客層はほとんどが観光客でした。 ハロッズのオーナーが(変更していなければ)アラブ系の人だからか、お客さんもアラブ系の人が多いように感じました。 女性は特に目が綺麗。 フラッシュをたいて写真を撮っている人も大勢いて、既に観光地と化しています。

e0166398_12464154.jpg


ちなみにアフタヌンティーは15時半から。 スタンダードなアフタヌンティーセットの他にも、シャンパン付のアフタヌンティーセットなどがありました。 そうそう、お一人で来ていらっしゃる方も何人か見かけました。 観光客というより地元の方のようでした。

e0166398_12465892.jpg


ハロッズオリジナルの食器がとても素敵。 以前はヨーロッパに旅行というと必ず重い食器類を買って持ち帰ったものだけど、最近はそのパワーも無くなってきました。。 いや、だってハンパじゃなく重いんです~~~ 汗

e0166398_12471639.jpg


イギリスというと 「銀製品」 というイメージが強い私。 銀のカトラリーやティーポットは物凄く憧れるけれど、まずお手入れが大変なことを考えるとなかなか勇気が出ません。 ちなみに銀製品はポートベローマーケットで色々出ているので、中古品でも構わないから気楽なお値段で手に入れたい、という方にはお勧めです。 気楽な、といってもそれなりのお値段はしますが。。

e0166398_12473199.jpg


     2種類のジャムとクロテットクリーム。

e0166398_12494554.jpg


ストロベリージャムとクロテットクリームをはさんでみました。(通常、挟んで食べることは無いようですが。。)

e0166398_12474636.jpg


サンドイッチを食べ終わった時点でウェイターさんに 「もう少しお持ちしましょうか?」 と聞かれました。 「いえ、結構です」 という前にSY、「はい、じゃあ1人分お願いします」。。 「だって、スコーンって口の中でもさもさして美味しくないんだもん」 と彼。 気持ちは分かるけど。

e0166398_1248526.jpg


e0166398_12482783.jpg


イギリス人はミルクティーにする場合、「紅茶を入れるが先か、ミルクを入れるのが先か」 なんて議論が起こるそうだけど、少なくともハロッズは紅茶が先でした。

(昔、紅茶を先に入れていたのは上流階級。 なぜなら高い温度のお茶を入れても割れない茶器を持ってるから… なんて聞いた事がありますが、本当かな?)

e0166398_12492568.jpg


シャンパン付アフタヌンティーを頼んでいたおひとり様のご婦人のためにワゴンが運ばれてきました。 ウェイターさんがさりげなくカメラ目線なのが笑えます。(笑)

このウェイターさん、何か一言いうたびに 「わかりました、マダム」 「何にいたしますか、マダム」 とマダムマダム連呼するのが可笑しかった~

e0166398_1250207.jpg


ピアノの生演奏付です。 ちょっと格の高いホテルだと、その場にいるお客さんの国籍に合わせて演奏してくれる曲が変わりますが (日本人のためには 「さくらさくら」 など)、今回は特にそんなこともなく落ち付いた曲が流れ続けていました。

e0166398_12504663.jpg



e0166398_1251452.jpg
天下のハロッズデパートですが、ティールームは想像以上にフランクで入りやすいイメージでした。 お一人で旅行される方も、ここなら入りやすそうなのでお勧めです♪

ちなみに今までに私が行った中で一番良かったのはブラウンホテルとリッツホテルのアフタヌンティー。 やや緊張感を伴いますが、少しオシャレをしてお茶を頂くのは至福のひと時でした。 どちらもかなり前から予約しておく必要があるので注意です。

左の写真はハロッズに入っているラデュレ。 ラデュレでも20ポンドちょっとでアフタヌンティーが出来るようです。お時間がある方はぜひどうぞ。


[PR]
by yossy_uk | 2009-07-25 01:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me