UK2010 day 2, リッチモンドの素敵ガーデニングショップ

e0166398_223950100.jpg


ロンドン滞在2日目。 過去のイギリス留学&旅行で、ロンドンにあるほとんどの見所は制覇してきた私ですが、まだ一度も行ったことが無かった場所、それがリッチモンドにあるガーデニングショップ Petersham Nurseries(ピーターシャム・ナーサリーズ) です。 とにかく素晴らしいのひとこと。

今回のロンドン滞在にあたって私が唯一事前に読んだ本がこちら。 Petersham Nurseriesもオススメの場所として載っていました。

e0166398_22564592.jpg


Petersham Nurseriesへは地下鉄のRichmond(リッチモンド)駅から行くのですが、上の本や色んな方のブログ等を見ると 「初めての人には徒歩はキツイのでタクシーで」 と書かれています。 が、そもそも徒歩なんて絶対に無理!な場所にあるので最初から大人しく車に乗りましょう。^^; そして、何もタクシーに乗らなくても普通のバスで行けちゃいます。 リッチモンドの駅を出てすぐ目の前にバス停がいくつかあるので、「E」 と書かれた停留所から65番バスに乗り、10分ほどの場所にある 「Dysant」 という停留所で降りてすぐです。 バス内にある電光掲示板にちゃんと次の停留所名が表示されるので安心です♪





バスを降りて通りを反対側に渡り、左に進むとすぐに素敵な建物が現れます。 でもここはPetersham Nurseriesではなく 「Dysant Arms」 という施設。 何があるのか良く分かりませんでしたが、ガーデンレストランが物凄く素敵でした。 ここの従業員の方に道を尋ねると、お忙しいのにとても親切に教えて下さり、好感度◎でした。 次回はぜひこちらにも立ち寄りたいな。

e0166398_2240153.jpg


Petersham Nurseriesへはそのままもう少し道なりを歩いていきます。 上のDysant Armsからは2分ぐらいかな? 下の写真の壁が見えたら、そこを右に入ります。 「え、大丈夫?」 というような細い道ですが、そのままひたすら真っ直ぐ進んでいくと、やがて牧場(?)が見えるので、そこを左へ。 その辺からは車や人がぱらぱら見えるはずなので、彼らに付いて行けば大丈夫!

e0166398_22401134.jpg


  小さな門を入ると、そこは 「秘密の花園」 の世界でした。^^

e0166398_22404088.jpg


e0166398_22402149.jpg


e0166398_22403170.jpg


屋外では様々な種類の花や木の植木が売られており、私のような旅行者でも見ているだけで十分楽しめます。 そしてガラス張りの温室風になっている店内に入ると、そこはそれこそ夢のような世界が広がっていました。 こんな素敵なガーデニングショップ、今まで見たことありません!

e0166398_22405054.jpg


e0166398_2241043.jpg


 素敵なアロマキャンドルや、

e0166398_2241977.jpg


     アロマオイルやソープ各種が。

e0166398_22411772.jpg


e0166398_22412599.jpg


このガーデニングショップは、アニタ・ハインドマーチやミック・ジャガーも顧客なんだそうです。 それもそのはず、このお店があるリッチモンドという地区は、ロンドンでも有数のセレブなエリアなのです。 駅前だけ見ているとそのセレブさがいまいち伝わってこないのですが、バスでどんどん奥に進んでいくと 「えっ、これが一般家庭?」 というような凄い大きさの立派なお宅が見えたりして、そういうイギリスらしい佇まいの建築物を車窓から眺めるだけでも十分旅の醍醐味を感じることが出来ます。

e0166398_2241329.jpg


e0166398_22414030.jpg


e0166398_22414859.jpg


リッチモンド駅の1つ手前の駅が 「キュー・ガーデン」 という駅になっているのですが、キューガーデンはイギリス屈指の大植物園になっています。 キューガーデン、実は私もまだ1度も行ったことが無いのですが、お花やガーデニングに興味がある方は絶対に外せない観光スポットです。 ホストマザーのマリージョーなどは 「ピーターシャム・ナーサリーズに行くのなら、キューガーデンに行けばいいのに!」 と不満そうにしていました。 ゴメンナサイ~^^;

e0166398_22415718.jpg


キューガーデンもきっと素敵なんだろうけれど、個人的にもっと好きなのはハンプトンコート・パレスです。 ロンドン市内から電車に乗って確か30分ほどの距離だったと思いますが、ここはとにかく素晴らしいのでオススメ! 小ぢんまりとして温かみのある宮殿、そして美しいバラが咲き乱れるお庭、背の高いグリーンで作られた巨大迷路、どれをとっても本当に夢の世界です。 私は2度ほど行ったことがあるのですが、母を連れて行ったら 「きゃ~秘密の花園だわ!」 と感動していました。 今でもその話をするぐらい。^^

e0166398_2242648.jpg


e0166398_22421556.jpg


オーガニックのインドのお香も。 色んな香りがあり過ぎて、どれを選んでいいのか分からなくなりそう!

e0166398_22422543.jpg


こちらのグラス、ミニ花瓶にいいかも・・・と思ったけれど ずっしり重すぎたので、何度も考えた上で購入は断念。。 旅行中もそうだけど、最近の私は外出のたびに肩を脱臼しそうなほど重いカバンを持ち歩くことが多くて辟易しています。(主にカメラのせい・・・) 手ぶらで歩ける男性が心底羨ましい。054.gif

e0166398_22423515.jpg


はー、素敵なものをたくさん見ることが出来てすっかり胸が一杯になりました。 ヨーロッパに来たら、やっぱりこういう見ているだけでトキメクようなものをたくさん見て歩きたいですよねっ。^^

e0166398_22424392.jpg


このガーデニングショップの目玉といえば、実はカフェなんだそうです。 本当のカフェスペースと しっかりお食事が出来るレストランスペースに分かれていて、レストランの方は予約を入れておかないと一杯で入れないこともあるそうです。

e0166398_22425213.jpg


ゴメンナサイ、写真だとあまり素敵さが伝わっていない気がしますが、下の写真のレストランスペースは天井の窓から差す光が本当に気持ちの良い素敵な空間でした♪ レストランスペースに一人で入るのは少々はばかられたので、私はお一人様でも大丈夫そうなカフェスペースの方へ。

e0166398_2243137.jpg


紅茶とサンドイッチを頼んでみました。 お店のお姉さんもとってもフレンドリーで良い感じ。^^
場所が場所なのでサンドイッチでも何でもかなりお高め設定ですが、味もとっても良かったし、私は大満足でした。 ちなみに紅茶とサンドイッチで9ポンドぐらいだったかな? 他にもイギリスらしいケーキ各種がありました。 皆さんももしこのガーデニングショップに行ったら、必ずカフェかレストランにも入ってみてくださいね!

e0166398_2243963.jpg


カフェスペースには、地元のリッチなマダムが一人で来て新聞を読みながらお茶をしていたり、ベビーカーを引いたママ達が数組集まっておしゃべりしたりしていました。 何だか見ているだけでとっても幸せな光景。^^

「ここまで来るのはやっぱり皆さん地元の方なのかしら?」 と思っていたら、私のすぐ近くに座ったイギリス人の若い女の子2人組に写真を撮って欲しいと頼まれました。 観光で着ている人達もやはりいるみたいです。 (私が一眼レフを持っていたせいか、今回の旅では道中あちこちで 「写真撮ってください」 と頼まれました・・・^^; 今までこんなに頼まれたこと無かったのに・・・)

e0166398_22431859.jpg



● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○


草花にすっかり癒されたところで、またバスに乗ってリッチモンド駅まで戻りました。 これだけで戻るのも勿体無いので、駅周辺をぶらっと散策してみることにしましょうか。


ロンドン市内の至るところにある本屋、WATERSTONE'S。

e0166398_22432632.jpg


「ロンドンマップを買おうかな・・・」 と迷った挙句、結局買わないことに。 こんなに方向音痴な私なのに、今回のロンドン旅行では結局最後まで地図を持たず、駅でもらえる地下鉄路線図のみで歩いていました。 ドキドキ・・・

そして本屋で買ったのはこちらのカード2枚。 ソウルで額装してもらおうかな、と。

e0166398_22433544.jpg


てくてく歩いていたら、インテリアショップのhabitatも発見。 habitatには必ず行こうと思っていたので、思いがけず見つかってラッキーでした。 habitatはコンランショップに通じるようなシンプルモダンで洗練されたものしか置いていないところが◎なんですよ。

e0166398_22434351.jpg


habitatで買ったもの。 プラスチックの器2つ。(1つ4ポンドのものがセールで1.20ポンドになっていた!) この器、パッと見はガラスにしか見えないのですが、多分ピクニック用か何かに作られたシリーズなのでプラスチックです。 テーブルフラワーを飾る花器として使ったらどうかな?と思って買ってみました。 それから黒地のシンプルなエコバッグ、4ポンド。 こちらは定価で。

e0166398_2243531.jpg


ロンドンではお馴染み、ドラッグストアのBoots。 日本でも何年か前に原宿に出来ましたけど、いつの間にか消えてましたね・・・。(イギリスのBootsと日本のBootsはコンセプトが違い過ぎた気がする・・・)

e0166398_2244263.jpg


BootsではWALKERS(ポテトチップス)と水、そしてウェットティッシュを購入。 WALKERSは食べるたびに 「この塩分過多さ・・・毎日食べたら絶対寿命縮みそう」 と思いますが、美味しくてつい食べてしまう一品。 皆さんもぜひ1度どうぞ!(ここまで言われて食べる人っている・・・?^^;)

e0166398_22441017.jpg


Bootsで買ったものを持って公園へ向かいます。 「あ~、なんか本当に気ままな旅って感じだなぁ」 と幸せを噛み締めながら しょっぱいポテトチップスも噛み締めました。 (手前のオジサマのポーズが非常に気になります)

e0166398_22442029.jpg


今年の夏はロンドンも思ったよりずっと暑かったけれど、それでも日陰に入ったり夕方近くなると心地よい風が吹いていました。 夏が大の苦手な私にとっては、気候的な面でもイギリスって本当に魅力的な国なんです。

小1時間もベンチでボーっとした後、公園周辺の素敵なお宅を見て歩くことにしました。

e0166398_22442979.jpg


e0166398_22443881.jpg


e0166398_22444799.jpg


どのお宅も入口が立派で素敵。 ドアの色も個性的なものが多くてワクワクします。

e0166398_22445632.jpg


e0166398_2245534.jpg



リッチモンドの素敵ガーデニングショップはいかがでしたか? もし行かれるようなことがあれば、1つ手前の駅にあるキューガーデンとセットでぜひ行ってみて下さいね! イギリスらしさを堪能できる素晴らしいスポットの1つです。^^
[PR]
by yossy_uk | 2010-07-19 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me