UK2010 day5、 世界の車窓から ~ダブルデッカーに乗って~

e0166398_20533910.jpg


気ままなロンドン滞在記、続きます。 この日はホストマザーのマリージョーが 「バスでシティに出るなら14番が便利」 というので、行き先を決めずにぶらりとバスに乗ってみることにしました。 ちなみにステイ先はロンドンの南西、地図で言うと左下の方のウィンブルドン近郊にあります。 (地下鉄ゾーン2エリア)

一言で14番バス、といっても行き先は結構まちまちです。 今回乗ったのはウォーレンストリート行き。 ちょっと中途半端な感じがしないでもありませんが。 バスは途中で行き先が変更になる場合もあるので、車内放送に注意しましょう。

e0166398_20541185.jpg


すぐ降りる場合は別ですが、長い時間乗るならやっぱり2階部分に上らないとね!006.gif
そうそう、ロンドンのバスは路線によって24時間運行しているものもあるんですよ。 別名 「夜遊びバス」。





やっぱり最前列が快適!

e0166398_20542248.jpg


これこれ、お嬢さん・・・

リッチなエリア、ナイツブリッジも通過します。 私が大好きなヴィクトリア&アルバート美術館を通り過ぎ、かのハロッズが見えてきました。 ハロッズは観光客が1度は必ず立ち寄るデパートですよね♪ フードコートや、ハロッズオリジナルグッズを扱っているグランドフロア及び地下1階は見ているだけで楽しいですが、何度も行った今の感想としては、「ヒースロー空港内のハロッズに行けば十分」 だと思っています。 ヒースロー内も相当大きいですし、厳選されて陳列されているため 逆にちょっとしたお土産が買いやすい気がします。(私もお土産用のティーバッグをいくつか買いました)

e0166398_20543347.jpg


そんなわけでハロッズでは下車せず、そのまま進みます。 5分ぐらいすると、ハイドパークに到着。
ちらっと見えていますが、ここハイドパークコーナーで10番バスに乗り換えても とっても便利。
14番と10番は非常に使える路線です。

e0166398_20544368.jpg


修学旅行生かな? 手前の男の子2人が私に気付いて、バーッと一所懸命に手を振ってくれました。
私も 「旅行、楽しんでー!」 と手を振り返しました。 こんなふれあいが楽しい。056.gif

e0166398_20545389.jpg


日の丸が見えてきました。 あれ? この辺って日本大使館がある場所でしたっけ・・・?

e0166398_2055216.jpg


そしてかのリッツホテルに到着。 リッツホテル、過去に恥ずかしい思い出があるんですよね・・・。 留学中のことなんですが、母が遊びに来た時に一緒にアフタヌンティーをしに行ったんです。 予約の際にクレジットカード番号を伝えてあったので、てっきり支払いは済んでいると勘違いしてしまって食べ終わった後、お支払いをせずにラウンジの外へ・・・。 お手洗いに行ってロビーでゆっくりしていたら、ウェイターさんが近寄ってきて 「マダム、実はお支払いがまだでして・・・」 と言われました。(恥)

私達がそのまま食い逃げしようとしたわけじゃないことは分かって頂けていたと思うのですが、相当恥ずかしかったです。 ご親切に残ったスコーンまでお土産に持たせて頂いていただけに・・・。 そんなわけで、気持ち的にもうリッツには行けません。(でもアフタヌンティーは本当に素晴らしかったのでオススメです! 但し、数週間前の予約が必要ですが・・・)

e0166398_20553530.jpg


ロイヤルアカデミー・オブ・アーツ。 いつも中庭だけ見て、中には入ったことがありません。 ちょっとステキなカフェも中にあるそうなので興味はあるのですが。

e0166398_20554551.jpg


ロイヤルアカデミー・オブ・アーツの道路を挟んで向かい側には、私が大好きなフォートナム&メイソンが。
ご存知の方も多いと思いますが、イギリス王室御用達の食品デパートです。 特に紅茶が有名。

e0166398_2056041.jpg


フォートナム&メイソンは帰りに立ち寄ることにしましょう、ということでひとまずそのまま先へ。
バスの上からマン・ウォッチングをするのが楽しくて、とりあえず終点まで行っちゃうことにしました。

ピカデリーサーカスの中心、エロス像が見えてきました。 待ち合わせのメッカ、渋谷のハチ公のようです。
ここはロンドンの中でも一番の繁華街で、スリなども多いので注意。 特に地下鉄の駅構内にはあやしげな人もいるので、のんびり立ち止まってお財布をごそごそすることはしないように!

e0166398_20561254.jpg


ピカデリーサーカスの近くには中華街もあり、14番バスでもすぐ近くを通ります。 この中華街で食べるワンタンスープが絶品!! ワンタンスープを食べに何度中華街に足を運んだことか。 初めてロンドンを訪れる方には、必ず行っていただきたい場所のひとつです。

私が大好きなミュージカル、「レ・ミゼラブル」 の劇場も見えてきました。 ロンドンまで来てミュージカルを1つも見ないなんて初めてです。 でもいいの、今回は何もしないって決めて来たのだから・・・

e0166398_20562380.jpg


オレンジ色の集団を発見。 なんだと思ったら、ちょうどこの日はワールドカップの決勝戦だったのでした。 スペインの優勝、すごかったですよね! 占いをするタコのなんとか君も大人気でした。^^;

e0166398_20563470.jpg


そして終点に到着。 ここまで40分間ぐらいは乗っていたでしょうか。 楽しかったのであっという間でした。 バスを降りて少し歩いたところに本屋があったので、そこで英語学習の本を見たりインテリアの本を見たりして1時間ほど滞在。 ちょっとステキなカフェも入っていたのですが、混んでいたので諦めました。 イギリスの本屋さんって、店内にカフェを併設しているところが多くて好きです。

e0166398_20564546.jpg


インテリアで有名なトッテナムコートロードを目指して歩きます。 何度も言いますが、超方向音痴の私が地図も無く歩けるというのは、過去にそれだけ相当数歩き回ったということです。^^;

「腹が減っては戦ができぬ」 ということで、気軽なスーパー・セインズベリーでパスタと飲み物を調達。
調達した食べ物、どこで食べたか忘れました。。(まさか立ち食いしたんじゃないと思いますが・・・)

e0166398_20565718.jpg


トッテナムコートロードに到着。 地下鉄ノーザンラインの駅で 「トッテナムコートロード」 という駅もありますが、インテリアショップがたくさん並んでいるのは 「グッヂストリート」 駅の近くなので注意してくださいね。

next HOME、初めて入りました。 まぁまぁ、な感じ。

e0166398_2057865.jpg


こういう色使いのベッドに寝てる人、日本ではあまり居なさそうだけどステキです。

e0166398_20572088.jpg


私が大好きなインテリアショップの1つ、HEALSに到着。 ここは本当に素晴らしいので必見です!
コンランショップのようなテイストがお好きな方には強くオススメ。 食器やカトラリー類も充実しています。

e0166398_20573274.jpg


忘れ物が多く、カードもJCB1枚しか持ってきていなかった私・・・いいなぁと思ったものもことごとく諦めるしかありませんでした。 とほほ。057.gif (JCBさん、ヨーロッパでの加盟店営業もっと頑張って~)
現金で唯一買ったのがこちらのアイストレイ。 アイスを作るためじゃなく、石鹸を作るためです。(将来)

e0166398_20574628.jpg


HEALSのすぐお隣には、例のhabitatが。 今回の旅行ではやたらhabitatに行きました。
ここのhabitatも広くて素晴らしいのでオススメです。

e0166398_2057595.jpg


ネットサーフィンしている時に偶然、JETRO(日本貿易振興機構) の 「英国のインテリア市場調査」 「日本インテリア製品の英国市場における可能性について」 「家具・インテリア雑貨分野における欧州向け販路開拓可能性調査報告書」 なるものを発見しました。 ロンドンの代表的インテリアショップの紹介などもされています。 ちょっと長いですが、興味がある方は読んでみられては?


疲れたので、適当にバスに乗りました。 何番バスに乗ったんだろう・・・忘れたけど、恐らく10番か22番あたりだったと思います。 バス停に各バスがどこに行くのか分かりやすく書いてありますので、それを見て飛び乗ればいいだけ。 私でも出来るので、旅慣れた皆さんなら簡単に出来るはず。^^;

ホストマザーのマリージョーがお気に入りというTOPSHOP。 若いな・・・

e0166398_205812100.jpg


いつも人で溢れかえっているオックスフォードサーカス駅周辺。 ひー、こんなところ歩きたくな~い、という感じですが、魅力的なショップが多いのもこの周辺。 仕方ない、そろそろ降りましょうか。

e0166398_20582366.jpg


私が大好きなデパートの1つ、ジョン・ルイスに到着。 こちらで下車します。 ここは日本にはなかなか無いような凄い種類のインテリアグッズが売られています。 去年はナプキンとナプキンリングを何種類か買いましたが、今回はカトラリーを見る予定。 本当に見るだけ・・・。 なぜなら、JCBしか持って無いから・・・。 JCBさん、ロンドンでの加盟店営業をぜひ・・・(以下省略)。

e0166398_20584221.jpg


とりあえず持ち合わせの現金で買ったものたちがこちら。 ジョン・ルイスオリジナルの紙ナプキン、キャス・キッドソンの紙ナプキン、オシャレなグリーティングカード。 キャスの紙ナプキンは、キャスの店舗では見かけなかったもの。 ブルーの他に、確か黄色もありました。 同じ売場には、マリメッコの紙ナプキンも数種類置いてあったな。 やっぱり使えます、ジョン・ルイス。

e0166398_20585663.jpg


グリーティングカードは、ソウルで額装してもらう予定☆

今まであまり足を運んだことが無かったセルフリッジにも行ってみました。 こちらも歴史の長い総合デパート。 地下には大型書店やキャス・キッドソンの店舗も入ってます。 私がパリで買ったマリメッコのプレートも売っていました。(パリでは25ユーロのものが、ここでは25ポンドと少々割高でした)

e0166398_2059965.jpg


セルフリッジのショーウィンドーにあったクッション、かなり気に入って該当フロアに探しに行ったのですがありませんでした。。 この観覧車、どう見てもロンドンアイですよね?

e0166398_13847.jpg


今回の旅行では 「日本や韓国ではあまり手に入りにくいもの」 を買いたいと思っていたので、ロンドンのブランド、ケネス・ターナーのキャンドルを買いました。 蓋は別売り。 鼻が高い、いかにもイギリス人~という感じの店員さんに 「これが欲しいんですけど、今私、JCBしか持ってなくて・・・使えますか?」 と聞いたら、人差し指を軽く上に立てて 「Well... this is a good question.」 だって。^^; こういう言い回し、いかにもイギリス人~という感じでウケました。 何が良い質問なんだ?と心の中でツッコミを入れつつレジへ。 JCBちゃん、無事使えました。 ホッ。 さすがにセルフリッジだし・・・

e0166398_20592077.jpg



e0166398_2154089.jpg
同じくイギリスブランドのJo Maloneも惹かれたのですが、ややお値段がお高めだったので購入する勇気が出ませんでした。。 次回ロンドンに行く時は、最初から買うつもりで心の準備(?)をしていくことにします。 ちなみにヒースロー空港内にもあったので、市内で買わなくて良さそうです。 左の写真は東京の丸の内にあるブリックスクエア内の店舗。 やっぱり東京にもありましたか・・・



ダブルデッカーに乗って行く気ままな途中下車の旅、まだまだ続きます。
長くなりそうなので、今日は一旦この辺で。
[PR]
by yossy_uk | 2010-07-28 00:00 | UK


yossyの海外専用ブログ。2007~2017年までソウル、2017年春~バンコク在住。気ままに更新しています。


by yossy

プロフィールを見る

カテゴリ

Belgium
China
Denmark
Finland
France
Germany
Hong Kong
Italy
Macau
Mexico
Philippines
Switzerland
Taiwan
Thailand
UK
USA
Vietnam
+
about me